9月22日、米ニューヨークで会談を行う文大統領(左)とトランプ大統領=(聯合ニュース)

写真拡大

◇トランプ米大統領 あす国賓で来韓

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、韓国を国賓として訪問するトランプ米大統領と青瓦台(大統領府)で首脳会談を行う。両氏の会談は3回目。米大統領の国賓訪問は1992年以来となる。

◇市民団体 トランプ氏の訪問先で「リレーデモ」

 約220の市民団体でつくる「NOトランプ共同行動」はトランプ大統領が来韓する7〜8日、同氏の各訪問先で集会を開く計画を明らかにした。トランプ大統領の到着前の7日午前、青瓦台周辺での記者会見を皮切りに、同氏がソウル入りする時間に合わせて中心部にある光化門広場で集会を開き、午後には青瓦台付近で集会を開催する。

◇第3野党「正しい政党」分裂 9議員が集団離党

 保守系の第3野党「正しい政党」所属の国会議員9人が離党を表明した。9人はいずれも最大野党「自由韓国党」との統合を主張してきた議員。正しい政党の議席数は20から11に減る。政界再編や合従連衡が始まるとの見方も出ている。

◇MBC元社長 検察に出頭=公営放送掌握問題で

 保守系の李明博(イ・ミョンバク)政権時代に情報機関の国家情報院(国情院)と共謀し、公営放送の掌握を図った疑惑が持たれているMBCテレビの金在哲(キム・ジェチョル)元社長がソウル中央地検で取り調べを受けた。金氏は記者団に対し、「命をかけて、MBCは掌握できない会社」と述べ、疑惑を否定した。

◇新人女性社員への性的暴行問題が波紋 大手家具メーカー

 大手家具メーカー、ハンセムの女性社員が入社直後、同期や先輩の男性から性的暴行などを受けたと主張し、波紋が広がっている。男性らは犯行を否認しており、青瓦台ホームページの掲示板などには事件の再捜査を求める声が相次いでいる。