クボト/メロが「Nitto ATPファイナルズ」ダブルスに選出される

写真拡大

「ロレックス・パリ・マスターズ」のダブルスで見事に、優勝を手にしたのはルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)だった。

ダブルスのランキングでも上位に名を連ねる選手同士のペアとしてタイトルを獲得してみせたが「ATPファイナルズ」でも活躍を見せてくれそうだ。

昨日の「ロレックス・パリ・マスターズ」を終えてシングルスの参加選手が決まったように、ダブルスの出場ペアも決まり、公表された。

ATPによれば、ダブルスの出場ペアは8組。ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)組、前回王者のヘンリ・コンティネン(フィンランド)/ジョンピアーズ(オーストラリア)組、2015年にタイトルを獲得したジャン=ジュリアン・ロジェ(オランダ)/ホリア・テカウ(ルーマニア)組、過去に4勝したボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)組、ピエール=ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マユ(フランス)組、イワン・ドディグ(クロアチア)/マルセル・グラノリュルス(スペイン)組、ライアン・ハリソン(アメリカ)/マイケル・ヴィーナス(ニュージーランド)組となっており、本戦を戦う。

ATPの会長のクリス・カーモード氏は「31カ国で66のトーナメントを戦い、年間ベストの8名のシングル選手と8組のダブルスチームとしての地位を獲得しました」と話す。

現在、「ATPファイナルズ」の組み合わせはまだ決まっておらず、11月8日の水曜日に行われる予定。他方でグループ名はすでに決まっているという。

1990年代に功績を上げた選手を称える意味をこめて、かつての勝者の名をグループ名に使用する予定。グループAは、1992年と1996年の勝者ウッドブリッジ/ウッドフォード組、グループBは、1993年と1998年の勝者エルティン/ハーフースの名となる見通しだ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「BNPパリバ・マスターズ」で互いのプレーをたたえるルーカシュ・クボト(ポーランド)とマルセロ・メロ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)