公式サイトより

写真拡大

サザエさん」(フジテレビ系)、降板報道の東芝にいきなり皮肉――!? 2017年11月5日の放送に、ツイッター上で一部視聴者がざわついた。

話題のきっかけとなったのは、マスオさんの同僚・「穴子さん」が発した一言だった。

「最近の炊飯器は...」

この日放送された「穴子さん主夫になる」は、「世の中に主婦くらいのんきな職業はない」とうっかり放言したのを妻に聞かれた穴子さんが、休暇を取り「主夫」生活に挑戦するというエピソードだ。慣れない家事に穴子さんが悪戦苦闘するのに対し、妻は花沢不動産の事務員としてバリバリ仕事をこなしていく――という、2人のコントラストが笑いどころとなっている。大ベテラン、雪室俊一さんの脚本だ。

問題の発言は、家事に奮闘する穴子さんの口から飛び出した。マスオさんが様子を見に行くと、すでに日も暮れたのにもかかわらず洗濯が終わっていない。聞くと、「洗濯機の使い方がわからなくて」。さらに台所を覗くと、なんと米を鍋で炊いている。驚くマスオさんに、穴子さんはこう言い放つ。

「最近の炊飯器はスイッチが多すぎてねえ」

スポンサーの東芝のブランドでは今も炊飯器、そして洗濯機も扱っている(白物家電事業の売却先が、東芝ブランドで生産を続けている)。ツイッターでは、

「アナゴさん 近頃の電化製品は使い難いとディス(dis)る」
「東芝への風刺」
「もう東芝ディスってるのかよ」
「降板するスポンサーをさっそくディスるスタイル」

などといった書き込みが相次いだ。

この日のCMでも東芝の炊飯器が...

東芝は1969年の放送開始以来、番組のメインスポンサーを務め、1998年に一社提供を終了してからも、実に半世紀近くCMの提供を続けてきた。もちろんこの日の放送でも、「東芝ライフスタイル」のブランドCMがオンエア、女優・満島ひかりさんが炊飯器を使う場面もあった。

ところが11月1日、経営合理化のため、近くスポンサーを降板すると共同通信などが報じた。東芝は現時点で正式な発表を行っていないものの、高須クリニック院長の高須克弥さんが次期スポンサーに手を挙げるなど、大きな話題となっている。

この日はよりにもよって、その報道があってから初めての放送だった。穴子さん発言の「真意」は定かではないが、タイミングがタイミングだけに、視聴者の勘繰りを誘ってしまったようだ。