韓国・ソウルのマンション群(2016年12月10日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】韓国で、ビルから飛び降り自殺を図ったとみられる女性(56)が、地上にいた男性(68)と衝突し、女性と男性双方が死亡した。聯合(Yonhap)ニュースが報じた。

 報道によると、女性はビルの13階から飛び降り、出勤中のソウル在住の男性に激突した。また聯合ニュースが伝えた警察の発表によると、2人は病院に搬送されたものの後に死亡。女性はうつ病を患っていたといい、自殺を図ったものとみられている。

 韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国35か国の中で自殺率が最も高く、世界全体でも最も高い国の一つ。

 韓国政府は今年、自殺予防政策におよそ99億ウォン(約10億円)もの予算を組んだ。
【翻訳編集】AFPBB News