11月のイベントをもって充電期間に入る沖田杏梨

写真拡大

アーティスト活動や女優業など幅広く活躍している元セクシー女優の沖田杏梨が、約1年ぶりとなる2ndワンマンライブ「STRONG BEAT」を東京・J-SQUARE SHINAGAWAで10月17日に開催した。

パワフルなパフォーマンスと激しくも美しく英語詞で観客を魅了する

主催は、元&現役セクシー女優が所属し、「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわったライブや楽曲制作を行う音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)。バンド編成はギター(二木元太郎)×キーボード(平方“トーマス”元)×ベース(伊藤千明)×パーカッション(豊田稔)。

セットリストは次の通り。「Liar」、「Coulors」、「GORILLA(DJ BAKU ver.)」、「Alligator」、「wanna stay with you」、「まぼろしMONSTER」、「CAT WALK」、「Gorilla(ゆうたむver.)」(以上オリジナル曲)、「ALL FOR YOU」(安室奈美恵)。アンコールでは「Wild Buffalo」、「Song for the earth」(ともにオリジナル曲)。

先日休業宣言をした沖田の、切実な覚悟や新たな期待などさまざまな思いが詰まっているであろうライブを観ようと、平日にも関わらず多数のファンが会場へ駆け付けた。演奏が始まり息をのんで沖田の登場を待つ観客。そんなファン一人一人へ直接熱い思いを届けるかのように、この日はいつものステージ横からではなく中央の通路から登場。

約1年ぶりのワンマンライブとあって、観客も沖田自身もどこか緊張気味だったが、アップテンポな1曲目「Liar」、2曲目「Coulors」を熱唱し、会場全体が一気に熱くなる。

■ 「もう泣きそうだけど…泣かない!」

歌い終えると「みなさんこんばんは、今日は2ndワンマンライブにお越しくださいまして本当にありがとうございます」と挨拶。

続けて、「このライブの後は、一つのイベントを残して休業に入ってしまいます…実は今日のライブは開催されない可能性もあったのですが、みるじぇねさん、ファンの皆さんの気持ちを受けて、ぜひ開催したいと思い実現しました。平日で、間に合ってない方もいらっしゃると思いますが、遠方からも来てくださった方がいると思うだけで、もう泣きそうだけど…泣かない! 頑張りますので最後までお付き合いよろしくお願いします」と率直な思いを語った。

気を取り直し曲紹介へ、「今日は新曲が4つあるのですが、次の曲はクラブで流れたら最高にカッコいい楽曲です!」との言葉通り、3曲目「GORILLA(DJ BAKU ver.)」をEDM曲調のメロディー、英語詞、パワフルなパフォーマンスで、今の沖田にしかできない“カッコよさ”を表現。

そこへ、沖田のオリジナル曲のいくつかを特別アレンジしたバンド演奏が続く。これまでの彼女の音楽活動を振り返るようで、美しい演奏が胸に響いた。

■ 「復活したらまた咲流ちゃんと最高の楽曲を作りたい」

一度ステージを下り赤のドレス姿で再登場、4曲目「Alligator」では高音を美しく伸びやかに歌い切った。曲後に、「今歌った楽曲も新曲で、私が尊敬する女優さんの一人、卯水咲流ちゃんが作ってくれた曲です。ツンデレの女性がテーマで、好きだけど無視しちゃう…みたいな心情を表現しています。彼女はFuture House(フューチャーハウス)というジャンルが好きで、私の声質に合わせて作ってくれました。これは彼女の処女作だったのですが、処女作でここまで仕上げられるんだってすごくびっくりしました!」と解説。

さらに「もし私が復活して、お仕事することができるようになったら…ぜひまた咲流ちゃんと、最高の楽曲を作って、皆さんに聴いてもらいたいって夢が一つできました」と復帰後の目標を語った。

「なんか今日すごい真面目なこといっぱい言っちゃって、いつもギャグばっかりとばしてるのに…。前は『ビヨンセ沖田です、こんにちは〜』とか言って出てきたのに(笑)。今日はあらたまっちゃって」と、ふざけないことを真面目に反省するところも沖田の魅力だ。

「2曲続けて、1個前のアルバムから、オシャレな曲とポップでかわいい曲も聴いてもらいたいと思います」と紹介したのは、自然と体が動くノリの良い5曲目「wanna stay with you」、6曲目「まぼろしMONSTER」。観客席から大きな手拍子が起こり、ステージと観客が一体となって盛り上がりを見せる。

曲終わりには、DJ BAKU、並木優、卯水咲流らによるメッセージ映像や、過去のライブ活動をまとめた映像が流れる。これには、10月発売の2ndシングルや今回のライブに込められた熱い思いや沖田の音楽愛の厚みを感じさせた。

■ 「カッコよさや心の強さが表現できたら良いな」

衣装チェンジした沖田が再びステージへ、キュートな7曲目「CAT WALK」でかわいらしいパフォーマンスも披露した。

MCでは、「今日はお忙しい中、来ていただきありがとうございます。本当にすごく楽しみにしていました」と、改めて感謝の気持ちを伝える。「次に歌うのは、ゆうたむがつくってくれた方の『Gorilla』です。今回はバンドアレンジの、今日しか聴けないリズムが出来上がりました。一番私が伝えたい、カッコよさや心の強さが表現できたら良いなと思います」と8曲目「Gorilla(ゆうたむver.)」を力強く歌った。

「あっ、一つ言い忘れました…(曲が始まる前に)『タオル回すんだぞ』って説明する時間をもらっていたのに、言わないっていう…(笑)。突然こうやってみんなが『ああ、出すんだ』みたいになっちゃって、本当すみません…そいういうところ勉強してきたいと思います(笑)」と、いつもの沖田らしさで笑いを誘う。

■ 「私の愛が皆さんに伝わるように歌えたら最高」

いよいよラストの曲紹介へ。「最後の楽曲は、絶対みんなが大好きな安室奈美恵さんの『ALL FOR YOU』という曲を。この楽曲は、私の心の中身を歌ってくれているような楽曲で。私は“愛”がすごく強い人間だと自負していて、表現が上手かどうかはちょっと分かりませんが…。今日来ていただいた皆さん全員に伝わるように歌えたら最高だと思うので。最後、お付き合いください」とコメント。

最後の9曲目「ALL FOR YOU」(安室奈美恵)、しっとりとしたバラードを涙を浮かべながら、愛を込めて歌う彼女の姿を見て、観客の目にも涙が浮かんでいた。

■ 「みなさんもぜひ、良いタオルなんで!!」

ステージを下りるも熱烈なアンコールを受けて、ライブTシャツとタオルを身に着けて登場し、「Wild Buffalo」を熱唱。「アーティストがよくやるやつだけど…熱い〜! こんなところに良いタオルがある! みなさんもぜひ、良いタオルなんで!!」とまずはグッズを宣伝(笑)。

続けて、「アンコールありがとうございます! 私の楽曲は自分でもたまに困ってるんですけど、座ってゆっくり聴いてもらうのに合ってる曲と、今の曲のように立ってた方が良いだろみたいな曲とがありまして。またスタンディングライブの時にはこの曲で盛り上がりたいなと思います」と、遠くない時期の復帰をにおわせる(?)発言も。

「この曲は『GORILLA/Gorilla』と似ていると思うんですけど、姉妹曲で、実は表題曲になる可能性もあった楽曲なんです」と曲について語るが、「楽曲愛が強すぎて、今日しゃべるのこれでいいのかなとか思いつつ…OK?」と観客に確認をとる一幕も。

■ 「来年には私、絶対帰ってきたい!」

続けてファンが一番知りたかった休業期間について言及する。「来年には私、絶対帰ってきたいなと思っています! まだまだ未熟で勉強が足りなくて成長が必要な私ですが、もっともっと成長して、もっともっと心の内面を磨いていけたらいいななんて思いながら…家で横になったりとかしてます(笑)。ナマケモノだったり超真面目すぎたりと極端なタイプなので、その真ん中あたりも走れるようになりたいです」とオチを忘れないとこが愛らしい。

さらに「SNSも更新しますし、私の暇な毎日を見たかったらみなさん、『@anri_okita』(Twitter)で検索していただければ(笑)。インスタやツイッター、もしかしたらブログ始めるかもしれません。それで、たまにはちょっと巨乳感出していこうかなと思ってるので。わかってますよ、なんであんなにフォロワー増えたのか…巨乳感ですから! でもこれからは音楽だったり違う一面だったりで、増やせるようにやっていきたいなと思っているので応援よろしくお願いします!」と、休業をきっかけに宣伝も。

ここまで順調なMCをこなしているように見えたが、話したかった内容がとんだらしく、「昨日お風呂で死ぬほどしゃべること考えてきたんですけど…。(今日は)一人一人に思いを言わなきゃいけないくらい大事な日で。ほら泣いちゃう…(泣)。これからも、人のことを愛せる人間でいたいなって思っているので、まだまだ未熟なところはいっぱいありますが、みなさんご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします!」と涙をこらえつつ話す。

■ 「私は世界一幸せだなと思います」

「次は本当にラストの曲になりますが、私の楽曲の中では珍しいファルセットを使った『Song for the earth』という曲です。沖田の“NEW”な一面を聴いてもらいたいです」と告げ、バンドメンバーを紹介。「すばらしいバンドメンバーとすばらしいお客さんに囲まれて、私は世界一幸せだなと思います」と言い、最後に壮大な曲だが、彼女の明るい未来を感じさせる「Song for the earth」を熱唱した。曲が終わると、彼女とのお別れを惜しむように、この日一番の、大きな歓声と拍手が贈られた。

今回のライブタイトルに掲げられた「STRONG BEAT」は体現した沖田。11月のイベントをもって休業に入るが、きっと今以上のカッコよさと心の強さを手に入れて、戻ってくるだろう。