夏に熊本の親戚を訪ねた時に、言われた言葉を思い出す。

「地元ん新聞社の知り合いが、社会系記事を書く記者を探しとるたいって。あんた、やってみらんね?」

社会系の記事ねぇ。そう思ってローカル新聞をめくると、ちょうどそんな一面があった。

「熊本産のスイカが終わるこの時期、北海道産のスイカを求めて売り場にできる人の列を『スイカ前線』と呼ぶ…」そんな内容。

うわぁ、面白そうだなぁ。都会の大手じゃそうそう書かせてもらえないタイプの記事じゃない?私だって熊本にずっと住んでいたわけじゃないけど、愛はある。いつか好きなところで自分が面白いと思うことをしてのどかに暮らしたら確かに楽しそう。でも、本当にそんなことできるのかな…?

迷えるあなたに
「ゆる〜い」会社説明会

こんな風に、地方に移住・就職してみたいとは思っても、一歩を踏み出せない人のために「面白法人カヤック」が紹介する説明会がある。その名も「旅する会社説明会」。しかも47都道府県別に、「47種類の言語で対応」しているおもしろホームページだ。

さらにゆるいことに、「特にカヤックの社員になるつもりがない人でも大歓迎」とのこと。会社説明会の概念を覆してくるこのプロジェクト、なんと二泊三日で実際に地方へ行って土地を感じる「移住体験ツアー」まで付いている。

旅する会社説明会では、将来的に地方で働くための情報や、地元の人とのつながりを探そうとしているクリエイター向けに、カヤックができることをお伝えします。

例えば、地方への移住を考えているフリーランスの方に、私たちが仕事を依頼することで、地方で仕事ができるようになるまでの移行期間を支援する。そのようなことも考えています。

あるあるクイズで
地方と出会う

都道府県を選ぶことでサイトが方言で表示されるのに加えて、その地域のマニアックな「あるある」クイズも出てくる仕様。自分の地元に戻ることについて考えるだけじゃなく、「このクイズ、わかるようになりたい」「この方言好きだなぁ」なんて観点から自分の第二のホームを探してみるのも楽しいかも。

説明会自体は、11月22日(水)、19:30〜渋谷にて行われるそうなので、もっと詳しく知りたい人はぜひこちらから覗いてみて。

Licensed material used with permission by 面白法人カヤック