新曲MVを見るファンキー加藤

目の前に広がる無限の可能性に胸を膨らませ、大きな夢へとまっすぐ突き進めた、あの頃。夢を叶えるために踏み出した一歩、そして、もう一歩……その歩みを止めずに、自分は今もちゃんと進んでいると言えますか?


INTERVIEW & TEXT BY 宮本英夫



「さんざん待たされた曲が“牛丼”かい!」って


──久しぶりのシングルで、まず何を伝えるか。


ファンキー加藤 そうなんです。どれだけに自分に寄せていくか、そこが難しかったですね。自分の物語だけになるとなかなかチョイスできない言葉とか、「どの口が言ってるんだ」と言われるようなものもあるので、そこらへんはすごく考えましたよ。


変な話、第三者の目線で曲を作れば、ラブソングだろうが、どんなにきれいごとを並べた歌だろうが、おそらく書けると思うんですけど。でも……ずっと今まで自分の人生を切り取って、それをダシに曲を料理してきたんで、そこから逃げるわけにはいかないし。作詞ということに関して言えば、相当悩みましたね。自分との距離感として。


──その葛藤はなんとなく想像してました。


加藤 今回の「冷めた牛丼をほおばって」に関して言えば、自分にぐいっと寄せましたね。そこに聴いてくれる人の思いをどれだけ乗せられるか。俺自身の物語ではあるんですけど、俺だけの物語にしないように書いていきましたね。毎晩自分の作業部屋にこもって、(曲と自分との)距離を計ってました。


──とにかく“冷めた牛丼”というワードがものすごくキャッチー。


加藤 ちゃんと思いを添えていけるようなアイテムというか、行間も読めるし、良いなと思って選んだんですけど、まさかそれがタイトルになるとは思ってなかった(笑)。


最初は「AGAIN」というタイトルにしようと思ったんですけど、それじゃあまりにベタベタだからって、チームのみんなで話し合ってる時に、この歌詞は“牛丼”がいちばんインパクトがあるんじゃないか? と。


8月の『めざましライブ』で初披露した時には、タイトルでみんな笑ってたんですよ。「さんざん待たされた曲が“牛丼”かい!」って笑ってたんだけど、歌っていくにつれて、サビでは泣いてる子もいて。








#めざましライブ #完全熱唱 #今年もやぐらの上へ #新曲 #冷めた牛丼をほおばって #初披露 #ありがとう


A post shared by ファンキー加藤 (@funkykato_funkykato_funkykato) on





この曲に限ってはライブのように「叫びながら弾いてください」


──結果的にファンキー加藤でしか歌えない、等身大の応援歌になったと。


加藤 らしい曲ですよね。ただ譜割りやサウンドの部分は、今までのシングルにはないものだと思います。一緒に曲を作っている大知正絃くんが曲の原石を聴かせてくれて、「これだな」と思ったので。


サウンド面に関しては、バンド系の方たちに演奏してもらったんですよ。きっちりするよりはエモーショナルに、荒々しさを出したかったので。


──ドラムがマシータ、ベースが髭の宮川トモユキ、ギターが池田森、ピアノが元野狐禅のハマノヒロチカ。すごいメンバーじゃないですか。


加藤 皆さん本当に楽しく、本当にバンドのように演奏してくれたので。曲によってはスタジオミュージシャンの方にきっちり演奏してもらうのもありなんですけど、この曲に限ってはライブのように「叫びながら弾いてください」とか、そういう感じでやってもらいました。



僕世代のミュージシャンでやってる人はあんまりいなくて、そこを狙うのも面白い


──これは新しい。原点だけど新しい。


加藤 自分の軸となっているダンスミュージックとフォークミュージックの、フォークな部分が前面に出しました。こういう音がすごく好きだし、血の中にあるんだなと思いましたね。


ライブ中に自分も無我夢中になって歌えるので、やっぱり好きなんでしょうね、こういうバンドサウンドが。


こういうサウンドでハーモニカを吹いたりとか、僕世代のミュージシャンでやってる人はあんまりいなくて、そこを狙うのも面白いですね。


──歌も迫力あります。


加藤 叫びに近いですね。何度も歌い直して、レコーディングは超大変でした。声が涸れ始めた頃に終わったんで、かなり気合い入ってると思います。バンドサウンドが背中を押してくれて、一緒にステージに立っている意識で歌えたんですよね。








#recording #finished #レコーディング終了


A post shared by ファンキー加藤 (@funkykato_funkykato_funkykato) on





自分の歌で自分でグッときちゃう


──自分的なパンチラインというと?


加藤 いちばん自分の気持ちに近いというか、自然と浮かんできたのはDメロかな。


──“どしゃぶりの雨の中 傘もささずに走る/そんな気力なんて今はないけど”。


加藤 ここは歌っていて、自分の歌で自分でグッときちゃうところですね。今までにも何回かあるんですけど、自分が放つ言葉で自分までグッときちゃうことが。ここもメロディというよりは叫びなので、何も気にせず叫べちゃうんですよね。


──これはファンキー加藤史上、とても大事な曲になると思います。そしてカップリングもすごく充実している。


加藤 「We can Dance」は田中隼人が持って来てくれました。ライブの演出で炎を使うような曲がファンキー加藤にはなくて。FUNKY MONKEY BABYSの時には「ガムシャラBOY」があったんだけど、ファンキー加藤ソロのライブでもああいう演出をやりたいなと。


隼人がナンチャッテ英語で歌う仮歌がカッコ良くて、それを崩さずに、意味よりも響きを重視しました。洋楽の雰囲気で、パーティーチューンとして楽しんでもらえたらいいかなと思います。








#スタジオ作業 #田中隼人 #冷めた牛丼をほおばって #カップリング曲 #最強 #ダンスチューン #早くライブで歌いたい #でも #この写真は #やらせ


A post shared by ファンキー加藤 (@funkykato_funkykato_funkykato) on





カッコ良い40歳の諸先輩方がたくさんいるので、僕もそうなりたい


──「We Wish 〜聖夜の街で〜」は、タイトル通りのクリスマスソング。


加藤 何か新しいクリスマスソングを作れないかな? とずっと考えていて、こんな形になりました。詞先でやったんですけど、4つの物語をどういうふうに繋げていくか、結構苦労しましたね。


こういうの、グランドホテル方式って言うらしいんですよ。いろんな登場人物といろんなシーンがあって、それが最後にひとつに繋がるという話で、俺が好きな『ラブ・アクチュアリー』という映画もそうなんですけど。それにチャレンジした曲で、自分としてはうまく繋がったかなと思います。


「We can Dance」が意味より響きで、「We Wish 〜聖夜の街で〜」はひたすら意味だけを考えて。すごく良い形で振り幅を大きく持てたかなと思いますね。


──リリースのない1年間を経て、創作意欲が戻ってきましたか?


加藤 火が点きましたね。今はいろんな曲を絶賛制作中で、そのうちに形にできると思います。もうすぐ39歳で、来年は40歳になるんですけど、ここまで来たら早くなりたいですね。カッコ良い40歳の諸先輩方がたくさんいるので、僕もそうなりたいと思います。




ライブ情報


I LIVE YOU 2018 in HACHIOJI

[2018年]

02/24(土)東京・エスフォルタアリーナ八王子

02/25(日)東京・エスフォルタアリーナ八王子


詳細はこちら



プロフィール


ファンキーカトウ/1978年12月18日、東京都八王子市生まれ。2004年1月に地元・八王子にてFUNKY MONKEY BABYSを結成。2006年にシングル「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。2014年2月にソロ第1弾シングル「My VOICE」をリリースした。


オフィシャルサイト



リリース情報


2017.11.08 ON SALE

SINGLE「冷めた牛丼をほおばって」

ドリーミュージック