犬が不安に感じる原因は?

人には不安要素として感じられない原因でも、犬にとっては大きな不安を感じる要因となる物が多くあります。

有名な不安要素を挙げるならば、まず音が当てはまります。犬は聴覚が非常に優れているため、音にはとても敏感なのです。

しかし、音と言ってもすべての音が怖い物に当てはまるわけではありません。音の中でも雷や花火などの破裂音に恐怖を感じることが多いです。また、工事の音などの普段聞くことのない音にも敏感に反応します。

音以外の原因として挙げるならば長い時間、狭い場所に閉じ込められてしまったという状況が不安要素となる事も少なくありません。一般家庭では、サークルの大きさが犬の体格に合っていないことで窮屈に感じている事もあります。

また人間と同じように、漠然とした不安を感じることもあり、その場合は散歩が足りないなどの運動不足の可能性が挙げられるのです。

犬の不安を和らげる4つの方法

犬が不安を感じた場合、頻繁にあくびをしたり、前足を舐め続けるなどのサインが見られます。もしもこれらのサインを見かけたら、次で紹介する犬の不安を和らげる方法を試してみてくださいね!

1.飼い主が不安そうな態度をとらない

まずは飼い主自身が不安そうな態度を犬に見せないということが大前提です。犬にとって飼い主はリーダーとして頼れる存在なのです。その頼れる存在さえも不安そうな態度をしている状況を認識してしまうことで、「今の状況はまずいのかもしれない」とより不安を感じてしまうのです。

例えば大きな雷の音が聞こえた時、あるいは地震が起きた際など、飼い主が慌ててしまえば犬も「大事だ!」と認識してしまい、大きな不安に駆られます。そのため、犬の不安を和らげるためには、まず飼い主が落ち着き、冷静な態度をとることが大切なのです。

2.撫でてあげる

犬が最も安心する場所は、信頼できる飼い主の傍です。飼い主さんに撫でてもらうことで落ち着きを取り戻したり、少しずつ不安を解消していくことが多いのです。

また撫でられるだけでなく、飼い主さんがアイコンタクトを取ってくれたり、声を掛けてくれるというだけでも不安を取り除くことができる場合もあります。

大きな不安を感じている時は、犬の方から飼い主の元にすり寄ってくることも多いので、飼い主さんが不安要素(雷の音や地震など)を発見し、尚且つ犬が近付いてきたら「不安なんだな」と察してあげ、犬を守るように外側から撫でてあげると安心します。

3.運動をして体を動かす

外ではなく家の中で漠然とした不安を抱えている場合には、思いっきり運動をさせることでストレスを発散させ、漠然とした不安を取り除いてあげることができます。これは人間も同じようにストレス発散し、リフレッシュすることがありますよね!

例えばいつもより時間を多めにとり散歩に連れて行ってあげたり、既にその日は散歩を済ませてしまったのならば、廊下を使って走らせるという手段も効果的です。

さらに休みの日で飼い主さんが可能であれば、ドッグランに連れて行き、犬が自由に走ることができる空間を提供してあげることも効果が高いです。

4.丈夫なおもちゃを与える

「運動をして体を動かす」と似た理由ですが、丈夫なおもちゃを与えることで、振り回したり、噛んだり、引っ張り合いして遊んだりしてストレスを解消することも不安を和らげる方法の1つです。

特に縄で作られた丈夫なおもちゃは犬の野生本能を満たしてくれるおもちゃでもあります。普段、家具やぬいぐるみ、クッションなど、犬が「本当は噛んで壊したい!」と無意識の内に感じている欲求を満たしてくれるのです。

最初に挙げたように、飼い主さんが一緒になって引っ張り合いをして遊ぶことで、運動にも繋がりますので、縄系の犬用おもちゃを持っていないのであれば、1つ買っておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬は様々なことが原因で不安を感じてしまいます。しかし、今回ご紹介したような方法を使って不安を和らげてあげることで、少しでもストレスを軽減させてあげられるよう、私たち飼い主は努力する必要があります。

ぜひ愛犬が不安を感じているサインを見せたら、ご紹介した方法を試してみてくださいね!