村田諒太、エスキバ・ファルカン【写真:Getty Images】

写真拡大

ロンドン銀ファルカン戦に加速か、両者が所属するトップランク社社長が注目発言

 ボクシングWBA世界ミドル級で、悲願の王者に輝いた村田諒太(帝拳)は、今後の対戦相手に注目が集まっている。そんな中、ロンドン五輪決勝で判定負けを喫したエスキバ・ファルカン(ブラジル)が村田との復讐戦を熱望し、話題になっているが、両者が所属する米興行大手のプロモーション会社社長が「この戦いは2018年に実現させたい」と発言。五輪決戦実現へ加速する可能性が高まっている。ブラジルメディア「エスタダン」が報じている。

 WBA王者となった世界の「MURATA」は、因縁の男とのリマッチに臨むことになりそうだ。記事によると、所属するトップランク社のトッド・デブーフ社長が注目発言を行っている。

「我々はまだ期日を決めていない。しかし、この戦いを2018年に実現させたいと我々は希望している」

 同社長は、村田VSファルカンを来年マッチメークする意向を明らかにした。実現すれば、2012年のロンドン五輪決勝以来、プロのリングでは初となる。

 相手のファルカンにとって、熱望する一戦だ。ロンドン五輪では判定の末の13-14で惜敗。しかし、米メディアではホールディングの反則で減点されたことについて「あれはフェアじゃない。忘れることは絶対にないだろう。リベンジを果たしたい」と今になって恨み節をぶちまけ、再戦を望んでいることが報じられたばかりだった。

ファルカン陣営はVS村田に優位性を強調「技術面では遥かに上位。技術で勝利する」

 さらに「日本からだろうが、彼の求めるどこからでも、ベルトを持ち帰るつもりだ。ムラタはオリンピックでの泥棒のツケを払うことになるだろう。その後、オレは違うベルトを求めることになるだろう。だが、今はとにかくこの戦いがしたいんだ」と王者となった村田を挑発し、エスカレートしていることも伝えられていた。

 10月13日にフロリダでスペイン人ボクサー相手に7回TKO勝ちを収め、プロ19戦19勝と無敗を維持しているファルカン。「エスタダン」の記事によれば、トレーナーのロベルト・ガルシア氏は村田攻略に向け、優位性を強調している。

「ムラタは非の打ち所のない成績と身体能力の持ち主。エスキバもフィジカル的に100%にしなければいけない。なぜなら、技術面では彼の方が日本人よりも遥かに上位にいる。エスキバは技術で勝利するだろう。12ラウンドまでリズムを維持したい。最高の戦いになるだろう」

 技術面では圧倒的に有利とファルカン側は誇示。記事では「ムラタとのデュエルはトップランクが興行するビッグイベントの一部となり、おそらくラスベガスかニューヨークで開催される」と報じている。

 ロンドン五輪でブラジルのボクシング史上初となる金メダルを逃したファルカン。5年前にアマ最高決戦で拳を交わした村田とのリベンジマッチは、地球の裏側でもにわかに注目を集めている。