トランプトラッカー!? 人気報道には温度差

写真拡大 (全2枚)

 トランプ大統領や長女イヴァンカ大統領補佐官の来日で、周辺の出来事にいつも以上に関心が集まってはいるが、こういうアプリが日本で出てくるというのは、なかなか興味深い。トランプ米大統領のツイートや政権の動向を日本語でトラッキングするアプリ「トランプ トラッカー」(サンフューチャー・東京)がリリースされた。

 英語での情報はあふれているが、言葉の壁で詳細情報が取りづらかった、という人向けのアプリ。トランプ政権の政策、大統領令、法令、外遊、主要人物のバックグラウンド、経済動向などをビジュアルに閲覧できる。大統領のツイッターは、米国政治背景の説明を加えた日本語訳で読むことができる。

 大統領の“露払い”で来日したイヴァンカさんの行く先にも、多くの日本人が詰めかけてその人気ぶりを取り上げたメディアも多い。もっとも、英ガーディアンや米ニューヨークタイムズなどは、イヴァンカさんが出席した国際女性会議では、スピーチ会場は実は半分以上が空席だったとその“不人気”ぶりを取り上げていて、温度差は大きい。

 安倍首相は、目下ラインのスタンプはあるが、トラッカーはない模様。自国の政治よりトランプ政権の動向の方が面白い?