オーバーサイズ カーディガン ウィリアム モリス ¥198,720

写真拡大

 「ロエベ(LOEWE)」が、イギリス人テキスタイルデザイナーのウィリアム・モリスからインスピレーションを得たカプセルコレクションを11月15日に発売する。発売に合わせて、11月15日から21日まで伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージでポップアップストアを展開する。
 コレクションでは、クリエーティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンが「過去200年間における最も重要なデザイナーの1人」と称賛するウィリアム・モリスにフィーチャー。モリス商会(Morris&Co.)の所有するアーカイブの中から1874年から1883年にかけて壁紙や布地のデザインとして考案された「いちご泥棒」「フォレスト」「アカンサス」「ハニーサックル」の4種類のオリジナルプリントをセレクトし、現代的に表現する。それらの象徴的なデザインをスカーフ、ブローチ、バックパックに加え、ジーンズやシャツなどのアパレル、アイコンバッグの「パズル」や「ハンモック」に落とし込み、「フォレスト」から抜き出したフォックスをモチーフにしたブラックナパのバイカージャケットや、モリスの椅子がブラックのシルクスクリーンでプリントされたオレンジカーフレザーのトートバッグなどをラインナップする。 デジタル ルックブックは、イギリスのウエスト・サセックスにある歴史的な建造物でモリスのカーペットや布地、壁紙で飾られたインテリアでも知られる「スタンデン・ハウス」で撮影が行われた。