夏菜と対峙(たいじ)するコトブキツカサ/(C)AbemaTV

写真拡大

AbemaTVとABCによる初の共同制作ドラマとしてオンエア中の「ハケンのキャバ嬢・彩華」に、女優・グラビアの両面で活躍する柳ゆり菜と、映画パーソナリティー・コトブキツカサがゲスト出演することが決定した。

【写真を見る】新人キャバクラ嬢役の柳ゆり菜らの豊満ボディーもあらわに?/(C)AbemaTV

2人はAbemaTV内「AbemaSPECIAL」で11月6日(月)夜10時より放送される第5話に登場。柳は、クラブ「セ・ラ・ヴィ」で働き始めた新人キャバ嬢・理沙役に、コトブキは理沙の客でタロット占い師のカオティック真香莉役を務める。

柳演じる新人キャバ嬢・理沙は、気が利いて客の評判も良いため、黒服の塚原貴志(庄野崎謙)も応援していた。そんな理沙の客で、タロット占い師のカオティック真香莉は気前よくシャンパンを入れるなど、羽振りの良いところを見せる。

しかし、真香莉に対する理沙の言動を見た塚原は、理沙が真香莉に利用されているのではないかと疑い始める。心配したキャバ嬢・舞(岡本夏美)が「ひぐらし信用金庫」で働く御倉花(夏菜)のもとを訪れるのだが…というストーリーだ。

新人キャバ嬢・理沙を演じた柳は「何かにすがり付きたくなり、本当の事が見えなくなる20代の女の子を、心を痛めながらも楽しく演じさせて頂きました。今回、唯一のラブ要素が入った回だと聞きました! ぜひ、そちらも注目してご覧ください!」と見どころをアピール。

一方、タロット占い師・カオティック真香莉を演じたコトブキは「初めてドラマで女装をし、女性言葉を話し、誰にも求められていないにもかかわらず体重を10キロ減量して出演させてもらいました。原型をとどめていない風貌で出演している僕を見つけて(気づいて)下さい」とコメントを寄せた。

そんな第5話では、お題を決め、リズムに合わせて順番に答えを回していく「環状線ゲーム」で対決。

“アウト”になった人は身に着けているものを脱いでいく、ということで、妖艶なキャバ嬢キャストのセクシーな下着姿がたくさん見られるかも?