元℃-ute岡井千聖、品川祐から芸能界を生き抜くための“発明”を聞く

写真拡大

元℃-uteの岡井千聖が、11月6日放送の『オー!!マイ神様!!』(TBS系列、毎週月曜24:58〜)に出演し、品川庄司の品川祐から話を聞く。

田中裕二(爆笑問題)とカズレーザー(メイプル超合金)がMCを務める同番組は、第一線で活躍する芸能人が「マイ神プレゼンター」となり、“マイ神”との出会いや虜になったきっかけ、また武勇伝や名言、マニアックな情報などを、様々な角度から熱く語る“神様プレゼンバラエティ”。

今回、品川が“マイ神”として紹介するのが、のアウトローな人生をおくった江戸の発明家・平賀源内だ。江戸時代中期にエレキテル(静電気発生装置)やコンパス、ライターなど数多くの発明品を考案し、今では日本のレオナルド・ダ・ヴィンチとも言われるように。彼の発明は現代の医療器具や生活用品の礎となっている。しかし、当時は発想が先を行き過ぎて、発明品のほとんどが実用化には至らなかったという。

そこで品川は、天才が故にその才能が認められないまま生涯を終えた源内のアウトローな生き様を、自身の芸人人生と重ねてプレゼン。品川が芸能界を生き抜くために考案した数々のスタイルを(C)品川として紹介する。すると、今ではバラエティー番組のスタンダードとなっている様々なスタイルが実は、品川の発明だったという事実が次々と明らかになる。

“マイ神見届け人”として登場する岡井は、現在数多くのバラエティー番組に出演しているが、(C)品川から何を学ぶのか?