レバノンのハリリ首相が辞任表明、イランとヒズボラを非難

写真拡大

[ベイルート 4日 ロイター] - レバノンのサード・ハリリ首相は4日、辞任を表明した。自身に対する暗殺の陰謀があるとの見方を示し、イランと、レバノンのイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」がアラブ地域で対立を拡大させているとして非難した。

ハリリ氏はスンニ派。同氏の辞任表明により、レバノンの政治情勢は危機に直面し、スンニ派とシーア派の間で緊張が悪化する可能性がある。

域内では、スンニ派のサウジアラビアとシーア派のイランの対立が続いている。

サウジ政府高官は、ハリリ氏が安全確保のためサウジの首都リヤドに滞在していると明らかにした。

米国務省の当局者は、状況を注視していると述べた。レバノンで秩序ある政治的プロセスが行われることを求め、引き続き正統な組織を支援していく方針を示した。

ハリリ首相の父親ラフィク・ハリリ元首相は2005年、レバノンの首都ベイルートで起きた爆弾攻撃で死亡した。

サウジが所有するテレビ局は、関係筋の話として、ベイルートで数日前、ハリリ首相に対する暗殺計画が阻止されたと報じた。

イラン外務省は、ハリリ首相の辞任表明について「レバノンと域内での緊張拡大」を狙ったものだとした。

レバノンのハリル財務相はロイターに対し、同国の経済や通貨に悪影響はないと述べた。