気候変動はほぼ人類の活動が原因、米政府科学者がリポート

写真拡大

[ワシントン 3日 ロイター] - 米環境保護局(EPA)や米海洋大気局(NOAA)など政府機関の科学者50人超から成るチームが3日、急速な気候変動はほぼ確実に化石燃料の燃焼など人類の活動が原因との見解を報告書で示した。

この報告書は、議会の要請で4年毎に作成されている。今回の内容は、世界の科学者の大半が近年出している結論と一致するとともに、気候変動はでっち上げとするトランプ大統領と政権の主張と真っ向から対立する形となった。

報告書では「過去1世紀の温暖化に関して、観測事実に裏付けられた説得力のある説明がこれ以外に存在しない」と指摘した。

EPA当局者らはコメントを控えた。

報告によると、過去115年間で地球の気温は1度上昇、平均海面は約17.78センチ上昇した。また報告は、気温上昇に伴い海面は「今後15年間で少なくとも数インチ上昇する」との見通しを付け加えた。