どん底の竹内涼真と光をつかんだ山崎賢人−−『陸王』、さらにドラマチックな展開へ

写真拡大

 飯山(寺尾聰)のメンバー加入により「陸王」プロジェクトが本格始動し、さらなる勢いを見せる日曜劇場『陸王』(TBS系)。11月5日放送の第3話では、宮沢(役所広司)の息子・大地(山崎賢人)が飯山の助手となり「陸王」に適したソールを開発すべく、シルクレイの製造に奮闘。悪戦苦闘の末、やがてソールに最適なシルクレイの硬度を手に入れるまでが描かれた。

(参考:竹内涼真、山崎賢人、佐野岳が物語の肝に 『陸王』若手台頭に見る日曜劇場の変化

 ソールの大きな問題点である「硬さ」に頭を悩ませる「こはぜ屋」一同。シルクレイとともに飯山という強力な助っ人を得たものの、この製造には助手が必要だ。そこで飯山は、慣れた手つきで工具を扱う大地に目をつける。「あいつにできるはずがない」と渋った宮沢だったが、皆のひと押しもあり、夜分帰宅した大地に声をかける。大地の返答は「どうせ人を雇う金ないんだろ。就職前に少しは会社に恩返ししないとな」という明るいものだった。こうして晴れて「陸王」プロジェクトのメンバーとなった大地だが、なかなか上手くはいかず、疲弊と苛立ちは募るばかり。なんとかつかみ取った面接も台無しに、飯山とやり合った末に「帰れ」と言われ、自宅で缶ビールをあおる始末。その夜、宮沢と工場を覗きに行った大地は、独りで作業を続ける飯山の姿を目にし、思わず体が動く。このとき飯山に見せた大地の満面の笑みは、第3話にして最高のものだった。この後も続く彼ら二人の奮闘は、ちょっとしたひらめきによって、「こはぜ屋」一同が祈るように見守る中、ソールに最適なシルクレイの硬度の獲得に至ったのだ。

 いっぽう、業界最大手であるアトランティスからのサポート契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)。人知れず「陸王」に足を入れた彼は「不思議な靴ですね。靴に走らされているような。ただ全力で走るとなると、このソールじゃ厳しい」と口にしていた。走法の改善に励む日々を過ごす彼は、ダイワ食品のメンバーの一人である立原(宇野けんたろう)も出場する熊谷シティマラソンを見に行く。トップを走った外国人選手に対し見事に健闘したのが、かつてのライバル毛塚(佐野岳)だった。素直に「おめでとう」と手を伸ばす茂木、しかし毛塚は完全に無視をした。見ていて耐えがたい屈辱感が沸き上がってきたが、さらに彼は大きな屈辱を味わうこととなる。「月刊アスリート」から毛塚との対談の話を持ちかけられ快諾していた彼だったが、相手側の都合により一方的に見送りとなる。「毛塚の相手は、俺じゃ釣り合わないってことですか」と口にした茂木の表情は、アスリートらしい快活さの中に悲痛なものが走った。文字通りの「どん底」である。

 ラストではついに、宮沢と茂木が対面する瞬間が訪れた。茂木が「陸王」に足を入れたという話を、耳にした宮沢が駆けつけたのだ。「茂木さん、私たちにサポートさせて下さい」と深々と頭を下げた宮沢に、「もしそんなシューズができるのなら、履いてみたいですね」と凜々しい笑顔で茂木もまた頭を下げる。両者の誠実な姿勢には、思わず熱いものがこみ上げた。「こはぜ屋」と茂木の共闘の予感に、早くも期待は高まるばかりだ。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

(折田侑駿)