武井咲の優しい隣人・鈴木伸之に黒い影 『今からあなたを脅迫します』盗聴器の目的は?

写真拡大

 ディーン・フジオカと武井咲がW主演を務める『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)。第3話では、今まで武井演じる金坂澪を優しく親身なアドバイスで助けてきた京田トオル(鈴木伸之)の裏の顔が描かれた。

(参考:『今からあなたを脅迫します』第3話 場面写真

 第3話では、脅迫がトリプルブッキングし、依頼主同士で脅迫しあうという三角関係状態に陥る。亡くなった結婚詐欺師の母親を持つ益子孝行(浅香航大)から「500万円を脅し取ってほしい」という萩沼真希(南沢奈央)。萩沼が働くホテルの支配人・戸田雄介(東幹久)から別れられず困っている萩沼を「解放してほしい」という益子。そして、「萩沼をホテルからやめさせないようにしてほしい」という戸田。この矛盾した三者の依頼に千川完二(ディーン・フジオカ)が挑んだ。

 三者をホテルの一室に集めた千川は、まず戸田から脅迫を始める。2年前にホテルで爆発事件が起きた時の修繕費1億円を横領していた戸田。その証拠を見せつけ、萩沼の自由を確約させた。次に萩沼にホテルをやめないよう脅迫。しかし戸田がいる限り、萩沼の自由は保障されない。そこで千川は再び横領証拠を戸田に突きつけ「支配人の地位」か「これからの人生」のどちらかを捨てるよう要求。戸田は逃げるように報酬だった500万円を置いて去っていった。

 最後に、益子に500万払うよう脅迫する千川。しかし益子は必死にバイトしたが50万円しか用意できなかった。萩沼も「もうこんなの意味ないです。依頼を取り下げます」と懇願するが、千川はダメだと声を荒げる。益子から苦渋の決断で高金利の金融屋を紹介してくださいと頼まれた千川は「じゃあ俺が金融屋になってやるよ」と先ほど戸田から脅し取った500万円を益子に渡した。「孫の代までかかっても必ず返せよ」と人情を見せる千川に、萩沼が「これは2人で返しますから」と益子を思う気持ちを見せた。

 この戸田の横領証拠をつかむために奔走したのが澪だ。彼女の祖父は政界のドンである轟雄之介(近藤正臣)。側近の若手政治家・新戸部文夫(袴田吉彦)と関わりのあった澪が、彼に頼んで証拠を掴んでもらっていた。解決後、自室でそのお礼の電話をしていた澪。しかし隣に住む京田カオル(鈴木伸之)から送られたぬいぐるみに盗聴器が仕込まれており、電話の内容を聞く京田の姿が映ったところで3話は終えた。

 京田は澪の良き相談相手だった。今回も、家族のことで悩む益子を放っておけず首を突っ込み、「二度と俺の前に現れないでくれ」と突き返されていた澪に京田は「無理やり会わざるを得ない状況を作ってしまえばいいんですよ」と笑顔でアドバイスをしていた。

 しかし、澪の部屋を盗聴するという裏の顔を持っていた京田。この予想外の展開に視聴者は「好青年もどき!」「隣人こわ」と驚きの声が後を立たない。これからどういった感じで物語に絡んでいくのか。

(馬場翔太)