自分の体型や骨格に合った服を着た時の「印象」に関する投稿がSNS上で話題になっています。投稿では、1人の女性が、体のラインを隠す大きめの服を着た場合と体型や骨格に合わせた服を着た場合とを比較。その結果、体型に合った服を着ている方がやせて見えるだけでなく、洗練された印象を与えることが分かりました。これについて「すごい!別人みたい!」「柄は一緒なのにフォルムでこんなに違うとは」「いつも通販で買うけど、試着って大事だね」「ファッション雑誌も、骨格別に特集してほしい」など、さまざまなコメントが寄せられています。

 オトナンサー編集部では、自分の体型や骨格を知り、それに合った服を見つける方法について、カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんに聞きました。

同じ要素が調和する「似合うの法則」

Q.自分の体型や骨格に合った服を着た方がやせて見えるのはどうしてですか。

花岡さん「人も服も色、形、素材で成り立っています。人は心理的に『同じ要素のものが調和する』と感じやすいため、外見的特徴と身に着けるものの印象が同じだと、見た目の印象が良く、似合っていると感じます。これが『“似合う”の法則』です。顔や体の印象が曲線的な人は、身に着けるものも曲線的なものがよく似合い、直線的な人はシャープなデザインのものが似合います」

花岡さん「一方で、プロポーションが理想的でない場合のスタイルアップ術に、『錯視』による『体型カバーの法則』があります。錯視とは、見た目の錯覚という意味で、目に入る色や形(線)の影響で実際とは違って見えることです。『着やせ』のテクニックなどは、この錯視効果を活用すると成功します。白やベージュ、黄色などの薄く明るい膨張色やボーダー柄は体をふくよかに見せ、黒や紺色などの濃く暗い収縮色やストライプ柄は細く見せる効果があります」

Q.自分の体型や骨格を正しく把握する方法や、自分の体型や骨格に合った洋服を選ぶ際のポイントを教えてください。

花岡さん「似合う服を見つけるポイントは、自分の体型や顔立ち、骨格の太さ、体の質感を正しく把握することです。体型や顔型から似合う服のシルエットが、顔立ちから襟元や柄模様が、骨格の太さから素材の厚みが、体の質感から素材の固さや柔らかさがそれぞれ分かります」

女性の体型には5パターンがある 

【体型】 

 女性の体型分類の方法はいろいろありますが、CSCA(全日本カラースタイルコンサルタント協会)の分類パターンでは、大きく5つに分かれます。

1.ミディアム(標準型)

 ウエストに適度なくびれがあり、肩幅とヒップ幅が同じくらいの平均的ボディーライン。どんな服でも似合いやすい。

2.カーブ(バイオリン型)

 ウエストのくびれが強く、メリハリのある曲線的な体型。女性的な体のラインを生かしたフェミニンなシルエットの服が似合う。

3.ペアー(洋ナシ型)

 なで肩で、上半身よりも下半身の方が大きい体型。トップスは白やベージュなど明るい膨張色でふんわりと、ボトムス(スカートやパンツ)は黒や紺色など濃い収縮色ですっきり着こなすとベター。

4.ストレート(長方形)

 ウエストのくびれがない寸胴体型。細い人は、明るい色やボーダー柄で見た目の幅出しをするとよく、太めの人は、濃い色やストライプでスマートにすっきりと。

5.シャープ(逆三角形)

 いかり肩で肩幅が広く、ウエストは細く、ヒップは小さい体型。メンズライクでカッコイイ服が似合う。肩幅を強調するボートネック(船底型の襟ぐり)は避ける。

「顔立ち」「骨格と質感」のパターン

【顔立ち】

 似合う襟元のデザインや、柄模様の形や大きさは顔の印象に左右されます。CSCAでは、顔の印象は大きく4つに分けています。

1.はっきり×シャープ

 顔の輪郭や目鼻立ちが直線的ではっきりした顔立ち。女優では米倉涼子さん、政治家では蓮舫さん。シャープな襟元や、大胆な直線柄が似合う。

2.はっきり×カーブ

 顔の輪郭や目鼻立ちが曲線的ではっきりした顔立ち。女優では石原さとみさん、政治家では小池百合子さん。曲線的な襟元や、ハッキリした曲線柄(大胆な花柄や水玉など)が似合う。

3.あっさり×シャープ

 顔の輪郭や目鼻立ちが直線的ですっきりした顔立ち。女優では広末涼子さん。すっきりとした襟元や、繊細な直線柄が似合う。

4.あっさり×カーブ

 顔の輪郭や目鼻立ちが曲線的で柔和な顔立ち。キャスターの小林麻耶さん。曲線的な襟元や、繊細な曲線柄が似合う。

【骨格と体の質感】

 骨の太さと体の質感によって、似合う素材が異なります。

1.骨太×脂肪質

 ウールなど厚手で柔らかい素材が似合う。

2.骨太×筋肉質またはやせ型 

 皮革など厚手でハリのある素材が似合う。

3.骨細×脂肪質

 シルクなど薄手で柔らかい素材が似合う。

4.骨細×筋肉質またはやせ型

 綿や麻など薄手でハリのある素材が似合う。

(オトナンサー編集部)