【インタビュー2/3】エイドリアン・ブリュー「ミュージシャンシップに満ちた音楽」

写真拡大

スチュワート・コープランド(Dr/ポリス)、エイドリアン・ブリュー(G/キング・クリムゾン、デヴィッド・ボウイ)、マーク・キング(B/レヴェル42)、ヴィットリオ・コスマ(Key/PFM)という布陣によるロック界のスーパーグループ、ギズモドロームがデビュー・アルバム『ギズモドローム』を発表した。ロックもポップもパンクもプログレッシヴも超越した唯一無二のサウンドは、一瞬先をも予測させないスリルに富んだものだ。

第1回のスチュワート・コープランドに続いて、この第2回ではエイドリアン・ブリューに語ってもらおう。

──あなたがギズモドロームに参加した経緯を教えて下さい。

エイドリアン・ブリュー:元々スチュワート(コープランド)とヴィットリオ(コスマ)が10年ぐらい前から毎年のようにイタリアで夏に共演していたんだ。数年前からヴィットリオとマネージャーのクラウディオ(デンテス)が私に「ぜひ遊びにおいでよ」とメールしてきたけど、これまではスケジュールの都合もあって参加できなかった。イタリアの太陽とパスタは魅力的だったけどね(笑)。でも去年の夏、ようやく行くことができたんだ。当初は彼らのプロジェクトにゲスト参加して、4曲ぐらいでギターを弾けばいいと思っていた。でもスチュワートは密かに、私をバンドに巻き込もうと企んでいたんだ。実際、一緒にやってみたら楽しくて仕方なかった。エネルギーやアイディアを共有して新しい音楽を作っていくのは最高の経験で、もう抜けることができなかったんだ。スタジオに入って数日経って、みんなで顔を合わせて「これは最高だよな。これからも続けよう」って合意したよ。1枚アルバムを作ってハイさよなら、というのはあまりにもったいないと思った。ギズモドロームとしてのライブもやることになったし、もう2枚目のアルバムについて話しあっているよ。

──アルバム『ギズモドローム』の曲作りはどのようにして行いましたか?

エイドリアン・ブリュー:アルバムの曲の多くは過去10年にわたってスチュワートとヴィットリオが書きためたものだった。中にはそれ以前にスチュワートが書いたものもあったよ。ラフな状態でずっとクッキーの缶にしまってあった音源を引っ張り出してきて、それを素材として、4人で完成させていったんだ。元はヴァース→コーラスのポップ・ソングでも、4人でスタジオに入ってリハーサルすることで、30分後には異なった生物に変化していた。刺激的なプロセスだったね。

──ギズモドロームの音楽性をどのように形容しますか?

エイドリアン・ブリュー:そんなのは無理だ。不可能だよ(笑)。ロック、ポップ、パンク、プログレッシヴ…そのすべてであって、どれでもない。ただ言えるのはハイ・エナジーで、遊び心があって、ミュージシャンシップに満ちた音楽だということだ。とてもアップビートで、聴くのも演るのも楽しい。そんな音楽だ。

──マーク・キングとは面識はありましたか?

エイドリアン・ブリュー:いや、今回のセッションまでマークとは会ったことがなかったんだ。でも彼と知り合うことができて本当に嬉しいよ。彼は最高のベーシストでシンガーで、何よりも最高の人間だ。すっかり友人になった。マークはスラッピングの名手といわれて、“100万ドルの親指”の持ち主といわれてきた。でも彼はギズモドロームの音楽を聴いて、スラッピング・スタイルは合わないと言ってきたんだ。それで指やピックで弾いたけど、それでも最高のプレイだった。マークとスチュワートのリズム・セクションは素晴らしいよ。これから一緒にプレイを重ねていくことで、さらにパーフェクトなものになっていくだろう。他のメンバーとの関係も新鮮なものなんだ。ヴィットリオと一緒にやるのも初めてだし、スチュワートとは1980年代後半に一度だけ共演したきりだった。ほとんど30年ぶりだったよ。