<米政府が不法移民対策を強化するなか、10歳の少女を病院で拘束する事件が起きた>

緊急手術を受けたばかりの10歳の少女を、不法移民を理由に拘束する――10月25日、テキサス州でそんな事件が起きた。少女の名前はロサマリア・エルナンデス。生後3カ月のときに母親に連れられてメキシコからアメリカに不法入国した。

脳性麻痺を患う彼女は拘束の前日、コーパスクリスティにあるドリスコル小児病院へいとこと一緒に向かう途中、税関・国境取締局(CBP)の検問所で止められた。病院へ行くことは許されたが、係官が同行して一晩中待機していたという。

ロサマリアは退院と同時に、移民関税執行局(ICE)職員に伴われて、サンアントニオにある青少年移民収容センターへ救急車で送られた。国土安全保障省(DHS)の対応次第では強制送還される可能性もある。

この一件は、トランプ政権下で加速する不法移民の逮捕・拘束が新たな段階に入った事実を浮き彫りにしている。学校や教会、病院など不法移民にとって「安全圏」と見なされていた場所も、今や逮捕の不安と無縁ではなくなった。

「オバマ前政権時代には起こるはずがなかった出来事だ」。ロサマリアの弁護士の1人、アレックス・ガルベスは本誌にそう語った。「現政権は不法移民にあからさまなメッセージを送ろうとしている。病院へ行くのは考え直せ、強制送還されるかもしれないぞ、と」

ロサマリアと母親のフェリパ・デラクルスは長らく、テキサス州ラレドで暮らしてきた。メキシコ国境近くに位置する人口約26万人の小都市だ。ロサマリアは胆のうの緊急手術を受ける必要があったが、ラレドの病院ではできない。車で2時間半ほどのコーパスクリスティの小児病院まで行ってほしいと、医師は母親に告げた。

不法移民であるデラクルスにとっては悪い知らせだった。コーパスクリスティへ行くには、国境地帯の幹線道路に設けられたCBPの検問所を通らなければならないからだ。

拘束されて娘の手術が遅れたら困る。そう考えたデラクルスは、ロサマリアのいとこで米市民権を持つアウロラ・カントゥに付き添いの代理を頼んだ。ラレドの医師はカントゥに、緊急医療措置を受ける目的で不法滞在者を移送中であることを証明する公式文書を渡し、検問所で提示するよう指示した。

カントゥは検問所で、ロサマリアを病院へ連れて行くことを許されたものの、係官2人が別の車でコーパスクリスティまで同行。緊急手術が終わると、ロサマリアは係官が待つ病室へ移された。

[2017.11. 7号掲載]

カルロス・バレステロス