創業は文化元年(1804 年)の銀座松崎煎餅は老舗でありながら、若社長を筆頭に新しいものにも取り組んでいく、目が離せないお店です。

銀座のお店は明治の関東大震災・戦争と3度の大火に遭い、そのたびに建物は全焼しましたが金属製の煎餅の型は焼けることが無く、現在もその型を使い製造しています。

その歴史ある型を使用し、職人が一枚一枚丁寧に手焼きをしたからこそ、昔ながらの素朴ながら一味違う煎餅の味わいを楽しめます。

色々な種類のある松崎煎餅の中でもお薦めしたいのは「信州産くるみ かわら煎餅」です!

長野県観光機構と国内外7つのブランドがコラボレーションして信州産の特産物を使用して開発した、数量・販売期間ともに限定の希少価値の高い逸品の一つです。

信州の上田産くるみを使用した煎餅は、ザックリとした食感の後にバターがフッと香り、クルミの仄かな甘みと滋味深い味わいを生かした絶妙な美味しさ。

一つ一つ丁寧に手で返しながら焼くことで、焦げる手前のキャラメルのような焼き味が香ばしく次から次へと食べたくなります。

煎茶、中国茶、紅茶ともよく合い、お年寄りから子供まで、誰からも愛される味わいです。

個包装になっているので、手土産にも贈り物にもお薦めです!

気になる方はお早めに注文してくださいね!

商品名:【銀座松崎煎餅】信州産くるみかわら煎餅

販売:NAGANOマルシェ

文:お取り寄せの達人:下井美奈子さん(スィーツコーディネイター)