11月4日、日本代表は2019年ラグビーワールドカップの決勝の地である横浜国際総合競技場にて、世界ランキング3位の「ワラビーズ」ことオーストラリアと対戦した。ワラビーズはW杯で過去2度優勝している世界屈指の強豪チーム。2週間前にはW杯2連覇中の王者ニュージーランドも倒している。


姫野和樹は力強いランで強豪オーストラリアからトライを奪った

 日本代表の対戦成績は0勝8敗。昨年9月にジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が就任して以来、対戦してきたチームのなかでもっとも強い相手であり、指揮官も「(今秋)一番大事な試合」とターゲットに絞っていた。日本にとっては現在の実力を測れる貴重なビッグゲームなため、代表戦としては国内最多記録となる43,621人ものファンがスタジアムに詰めかけた。

 しかし、その実力差はやはり大きかった。日本は序盤からペナルティやミスを重ね、強力な相手CTB(センター)陣の突破やラインアウトからのアタックを止めることができず、前半だけで5トライを献上。後半は互角の戦いを見せて3トライを挙げる意地を見せたものの、最終的には合計9トライを許して30-63の大敗を喫する結果となった。

 そんな苦しい試合のなか、集まったファンに大きなインパクトを与えたのは、この試合が初キャップとなった23歳のLO(ロック)姫野和樹だ。

「桜のジャージーを背負うことは子どものころからの夢だったので、それを着る責任と誇りをしっかり持って試合に臨みました。ガムシャラにやろう、自分のやれることをやり続けようと思っていきました」

 トヨタ自動車ヴェルブリッツでの活躍が認められ、今秋に初めて代表入りを果たした姫野は、先週の世界選抜との強化試合でもLOとして先発。だが、まだ代表のラグビースタイルに慣れていないことや、ラインアウトのサインを出す「コーラー」を務めていたこともあって、「頭のなかがパンパンで一杯になってしまい、自分のプレーがあまりできなかった」と、自身の出来を悔やんでいた。

 その反省も踏まえ、世界を代表する強豪オーストラリア戦で姫野は「思いっきり自分のプレーをやろう」と心に決めていたという。その決意もあってか、試合前の国歌斉唱では緊張する様子もなく、少し笑顔すらのぞかせていた。

 すると前半4分、姫野はいきなり密集で相手のボールを奪う「ジャッカル」を見せて好調ぶりをアピールする。さらに得意のランやラックからのボールの持ち出しで攻撃にバリエーションを加え、何度もゲインを繰り返した。

 そして28-63で迎えた後半ロスタイム。姫野は上半身に飛び込んできた相手のタックルを回転していなし、そのままインゴールで豪快にトライ。「前半からボールキャリーに手応えを感じていたので、感覚的にいけると思っていました。相手も疲れてきたので走り勝とうとしたところ、ボールを持った流れでトライできた。いいシーンだったと思います」と、姫野は代表初トライをそう振り返る。

 持ち味である「高いワークレート(仕事量の多さ)」を武器に80分間走り続けた姫野について、ジョセフHCも目を細めた。

「LOに対しては一定の仕事を求めているのだが、姫野は若いながらそこをカバーしてくれた。このレベルの試合でトライも獲れたことは、彼にとっていい経験になったと思う」

 姫野は愛知県名古屋市生まれ。小学校まではサッカーや野球などをやっていたが、御田(みた)中で楕円球に出会うと、すぐにその魅力にとりつかれた。高校は強豪・春日丘(はるひがおか)高に進学し、「花園」全国高校ラグビー大会にも出場。1年生ながら高校日本代表候補に選ばれ、その当時のメンツにはSO(スタンドオフ)/CTB松田力也やSO山沢拓也(ともにパナソニック)がいた。また、高校3年生の終わりには、ひとつ上のカテゴリーであるU20日本代表候補にも選ばれている。

 大学は帝京大に進学し、1年生のときから試合に出場。ただ、大学選手権8連覇には貢献したが、度重なるケガもあり、大学時代に完全燃焼したとは言いがたかった。

 そして今春、中学時代から応援していた地元のトヨタ自動車に入ると、今年就任したジェイク・ホワイト監督と衝撃的な出会いが待っていた。2007年W杯で南アフリカを優勝に導いた世界的名将は、なんと姫野をルーキーながら異例となる主将に任命したのである。

「彼は(帝京大で)優勝を知っている選手。日本代表になれるし、W杯で必ずプレーすると思っています。自分の仕事のひとつは、姫野に責任感とキャプテンシーを与え、インターナショナルな選手に育てること」

 ホワイト監督の熱意に応えるべく、姫野も「(トップリーグの)新人賞を獲りたい!」と開幕から奮起した。FL(フランカー)として開幕から9試合すべてに出場(そのうち8試合で先発)し、「(主将として)自分が一番身体を張らなければいけない」と、先頭に立ってチームを牽引。今季これまで5トライを挙げる活躍を見せ、その勢いのまま日本代表入りを勝ち取った。

 短期決戦となるW杯を見据え、ジョセフHCはFW・BKにかかわらず、複数のポジションでプレーできる選手を重用している。姫野はトヨタ自動車ではFLとして存在感を示しているが、チーム事情もあってLOとしてプレーしたオーストラリア戦でトライを挙げたことにより、その評価はひとつ上がったと言っていいだろう。

「ランの部分は手応えを感じました。もっと磨いてチームの武器になれるようにやっていきたい」と、姫野は世界3位相手に自信を掴んだ。ただその一方で、「相手の勢いを止められずにどんどん来られて、ディフェンスの部分で体力を使ってしまった。チームとしても個人としても、ディフェンスの部分でもっと圧力をかけていかなければいけない」と反省も忘れない。

 オーストラリアに大敗した日本代表は、今週には渡仏してトンガ戦(11月18日)とフランス戦(11月25日)を行なう。世界的強豪相手に潜在能力を発揮した姫野は、代表初キャップで存在感を知らしめた。次なるヨーロッパの地で、さらなる成長を遂げることができるか。桜のジャージーを着た姫野和樹の挑戦は始まったばかりだ。

■ラグビー 記事一覧>>