【楽ダイエット】髪型とメイクを変えるだけで痩せて見せることは可能なのか / 髪にくびれを作っただけで3キロ以上痩せ見え

写真拡大

運動や食事制限でのダイエットはしたくないとゴネた結果、服装と髪型での即席ダイエットを提案された私。

Pouchの変身企画でいつもお世話になっている美容室、東京・自由が丘のAnZie(アンジー)の佐藤さんに「髪型も服もメイクもすべてデブ見えの権化」と一刀両断されたことをきっかけに、まずは服装を「痩せ見え服」にチェンジしました。

この時点ですでに、マイナス3キロは痩せて見えるんじゃね? って感じなのですが、さらに髪型とメイクも痩せ見え仕様に変更しようではないですか……!

というわけで、メガネをコンタクトに変え、痩せ見え服を着て、私をデブ見えの権化扱いした佐藤さんのもとへ向かいます。

【「麗子像」化した激重ヘアスタイル】

まずは髪質のチェックから。私は髪が多い、太い、硬いにプラスして、20年にわたり縮毛矯正をかけていて、ずっとアゴ〜肩ラインの重めのボブをキープしています。レイヤーなどはほぼ入っていません。髪色はアッシュ系です。

「毛先をすいたりレイヤーを入れると髪が広がるから、重さをつけてるんだと思う。でもそうすると、毛先の重さに負けて頭のてっぺんのあたりにボリュームがなくなって、ハチ(側頭部)が広がって太って見えちゃうんだよね。首回りもちょっと重くなるし……」と佐藤さん。

たしかに、今の髪型は頭頂部はぺったんこなのにハチが張って、髪が裾に向かって台形になっています。

私がもっとマメに美容室に通えばいいんだけど、矯正かけてると美容室にいくペースがめちゃめちゃ落ちるのです。切り立てはいい感じのボブだったのに、私の無精な性格のせいで、重たいデブ見えヘアになってしまったなんて……。

【髪にもくびれを作るべし!】

佐藤さんいわく、痩せ見えカットで大事なポイントはくびれ。髪にレイヤーを入れて段差をつけていきます。なんと、洋服と同じではないですか。

「容赦なく切っていきます!」という佐藤さんの宣言通り、髪がどんどん切られていきます。

パッツン気味だった前髪も、斜め前髪にするべくカット。センターだった分け目も変えていきます。

さらに、カットが終わって髪を乾かすとき、毛流れとは逆方向にブローして、頭頂部にボリュームを出していきます。いつもはボリュームが出ないよう、ぺったんと撫で付けるように髪を乾かしていたのでこのぐしゃぐしゃブローは衝撃!

これはまだカットが終わった段階。このあと、髪をさらに巻いていきますが、痩せ見えのポイントをまとめると

・頭頂部から前髪、前髪からあごの先端までのバランスを1:1くらいにする
・前髪パッツンでなく、フェイスラインに向けてななめ前髪にする
・レイヤーを入れて外側の髪にはくびれを作る

 

後ろから見ると、襟足にくびれができています。カラーはアッシュ系だと少しパサついて見えるから、ツヤがあるように見えるベージュ系にチェンジしました。

【メイクの肝は余白を埋めること】

さて、お次はメイクです。アンジーで一番メイクが上手いというスタッフを召還してくれたそうです。なんと……ありがたい!

たるんだアゴのラインや、加齢とともに顔が長くなって、顔の面積が大きくなった気がするのが私の悩み。痩せ見えメイクのポイントは、ずばり「顔に余白を作らないこと」だそう。

ファンデーションを塗ったら、パールの入ったブラウン系のシェーディングでアゴのラインに影を薄くいれていきます。最初はこんな薄くて大丈夫なの? と思っていたのですが、しっかり影ができてるー! あごと首に境目があるよ!

そしてチークも、顔の外側にはブラウン系で影を入れ、顔の中心よりにピンク系のカラーを入れていきます。いつもより、かなり内側に広めにチークを入れてる気がしますが……。すでにこの時点で2キロは痩せて見える!

さらに、眉毛も大きなポイント。私はアムラー世代で、細眉ブームだったせいで眉毛がかなり細くなってるのですが、パウダーアイブロウを使って眉頭から眉山にかけて、いつもより太くしっかり目に描いていきます。眉の描き方だけでも印象が全然違う……!

続いて、目元はブラウン系で引き締め、黒のリキッドアイライナーを上まぶたにだけ引き、ブラウンのマスカラをオン。

そして、下まぶたのキワにはオレンジ系のアイシャドウを入れていきます。茶系で囲み目をすると、かえって目が小さく見えたりするけど、オレンジだと自然な印象に。

さらに、陰影をつけるために眉頭から鼻筋にかけてもシェーディングを入れていきます。

口元は赤みの強いリップの2色使いで、上唇を少しオーバー気味に、厚めに塗るのがポイント。唇の内側に濃い赤のリップを塗ることで、引き締め効果も。全体を見ると、各パーツを強調することで、顔の余白がなくなって痩せて見える……! 鏡を見た第一声は「誰やねん」でした!

【メイクと髪、両方完成すると別人がいた!】

仕上げに髪の毛を巻いていきますが、頭頂部はボリュームが出るように、外側の髪はトップ部分を内巻きに、襟足はやや外巻きに。顔周りは、前から風を受けたようなレイヤー巻きに……と、動きが出るようにしていました。

それにしても、髪のトップのボリュームがこんなに顔の大きさに影響を与えていたとは。顔が長くなってきたというお悩みも解消された気がします。

ヘアセットとメイクが完了すると……デブの権化は消えて、鏡には別人のような私が。3キロどころか5キロは痩せた気がします……!

なんか顔周りのふわっとしたウエーブがいい感じ。二重あごが目立たない横顔美人がいるではないですか!

BeforeとAfterを比較するとこんな感じで差がよく分かります。自分で言うのもなんだけど、もはや別人やん。

デブ見えの権化から痩せ見えの権化に……。こんな痩せ見えの魔法をかけられたら、シンデレラの舞踏会にだって行けそうな気がします!

痩せ見えの大きなポイントをおさらいすると、「髪のくびれを作る」こと、そしてメイクでは「顔の余白を極力消すこと」の2点です! みなさんもメイクをするときや、美容室で髪型をオーダーするときに参考にしてみて下さい!

協力:AnZie
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

画像をもっと見る