岐阜県大垣市の公園イベント会場でおととい4日(2017年11月)、子どもたちに上空からお菓子をまいていたドローンが突然落下、5歳から48歳の6人が額や肩などにけがをした。

 

ドローンは重さ4キロ、地上には子どもたち100人近くとその家族が集まっていたという。映像ではプロペラの一つに異変が起き、「マジか、マジか」の声もあがった。飛行許可は受けていたという。

1カ所でもバランス崩すと墜落

 

宇賀なつみアナ「ドローンは1カ所でもバランスを崩すと墜落するそうです。専門家は人が集まる上空を飛ばすのに許可がどうして下りたのか疑問だと言っています」

 

司会の羽鳥慎一「国交省のルールでは人が集まっている上は飛ばさないはずです」

 

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「ドローンを飛ばす許可とイベント上空の飛行許可はべつではないのか」

 

石原良純(タレント)「ドローンは落ちるものという前提でないといけない」

 

羽鳥「イベントの内容まで届けて許可を得たのかな。やっぱり怖い、危険なことが起こり得るなと改めて思いました」

 

警察が飛行に問題がなかったかを調べている。