女性医師は患者にきめ細かなケアを行なう

写真拡大

「私、失敗しないので」の名セリフで人気の女性外科医が活躍するテレビドラマ「ドクターX」。それを裏付けるような研究が発表された。カナダの外科医師のチームが、女性医師の方が男性医師より手術の失敗が少なく、術後の経過が良好という調査報告を英医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」(電子版)の2017年10月10日号に載せた。

米国でも内科医を対象にした調査で、女性医師の方が男性医師より死亡率が下がるという結果が出ている。診てもらうなら女性医師の方が断然よさそうなのはなぜだろうか。

女医が診ると死亡率が4%減、再入院率が5%減

実は今回のカナダの医師チームの研究は、米国の内科医の調査結果に驚き、外科医の分野では医師の性差の違いがあるのかどうか調べたものだ。そこで、米国の調査を改めて紹介しよう。

衝撃的な調査が発表されたのは、米医師会誌「JAMA内科学」(電子版)の2016年12月19日号。研究をまとめたのは米ハーバード大学のチームだ。論文によると、研究チームは2011〜2014年に米国の急性期病院に入院し、内科の診療を受けた65歳以上の高齢者158万3028人(平均年齢80.2歳)を対象に、担当した女性医師と男性医師の間での患者の死亡率と再入院率の違いを調べた。死亡率は入院後30日内に死亡する割合、再入院率は退院後30日以内に再び入院する割合だ。患者のデータは政府公的保険「メディケア」のレセプト(医療報酬明細書)を使った。

分析の際には、女性医師と男性医師が診療する患者の重症度を同じレベルにし、また医師の「力量」を同程度にして比較するため、患者の年齢、性別、収入、主な病名、医師の年齢、出身大学、病院などを調整した。たとえば、女性医師と男性医師が違う病院に勤務する場合があるため、同じ病院で働いている者同士を比較した。念には念を入れたのだ。

その結果、女性医師の方が死亡率は約4%低かった。また再入院率も女性医師の方が約5%低かった。

女性医師は診療基準に忠実で、患者の心のケアが丁寧

いったいどうして女性医師の方が成績は良いのだろうか。研究チームのリーダー、アシッシュ・ジャハ保健政策教授は、ハーバード大学のプレスリリースの中でこう語っている。

「調査の過程で女性医師と男性医師とでは診療方法に違いがある十分な証拠が得られました。女性医師は男性医師に比べ、診療ガイドラインを順守する傾向が強いこと、そして患者との間により密接なコミュニケーションを行なっていることが明らかになっています。その違いが患者の病状の経過を良くしている可能性があります。仮に女性医師による患者へのいい結果が男性医師にも反映されると、メディケアの対象者だけでも死亡数を年間3万2000人減らすことが見込めます。これは全米の1年間の交通事故死者の数に匹敵します」

さて、「BMJ」誌の論文によると、カナダの医師たちは米ハーバード大学の研究とほとんど同じ方法で調査・分析を行なっている。対象の患者は2007〜2015年の間にオンタリオ州の病院で、一般的な25の病気で外科手術を受けた10万4300人。米国の調査と違うのは、米国が65歳以上の高齢者だったのに比べ、18歳以上の全患者だったことと、「問題発生」項目に30日以内の死亡率・再入院率に加え、合併症併発率を入れたことだ。手術を担当した同州の医師は、女性医師が774人、男性医師が2540人だった。

その結果、死亡・再入院・合併症併発の「問題発生率」を比べると、女性医師は11.1%、男性医師は11.6%で、女性医師の方が0.5%成績は良い。死亡率だけに限ると、女性医師の方が0.9%成績は良かった。この数字は米国より一桁下だが、統計的に意味がある差だという。米国に比べ差が広がらなかった背景として、研究チームは、米国の患者の平均年齢が80歳と、非常に細かなケアが必要な年代なのに対し、カナダの患者は若い層が多いことが考えられると指摘している。

女性医師は患者の意志・選択にそった治療を行なう

それにしても、どうして女性医師は男性医師より「有能」なのだろうか。研究チームリーダーのクリストファー・ウォリス医師は、論文の中でこうコメントしている。

「女性外科医が患者に良い成果をもたらすメカニズムは明らかではありませんが、男性医師より診療ガイドラインに忠実に治療を行なう傾向が強いこと、そして、患者中心のきめ細かなケアを行なうことがあげられます。また、いくつかの具体的な手術内容を検討すると、患者の意志やセカンドオピニオンをよく受け入れて、患者の選択に沿った治療を行なっていることがわかりました」

また、「今回の調査とは直接関係はないが」と断りながらこうも述べている。

「外科医の卵である外科志望の医学生の成績を比較すると、女子学生の方が男子学生より、学科終了が早く、テストの成績も優秀です。今後は男性外科医が担当して執刀する手術に、女性外科医も助手としてつけることを提案したいと考えています」