アニメ作品の盛り上がりとも相まって、非常に話題を集めている「けものフレンズ」の痛飛行機こと「けものフレンズ痛飛行機」プロジェクト。こちらが2017年11月3日からキャラバンフライトを開始しました!
 
プロジェクトは「二次創作」の範囲で、けものフレンズのキャラクターをパイパー社製「PA-46型機」の機体にラッピング。カバンちゃんやサーバルといったおなじみのキャラクターから、機首にはペンギンユニットのペパプと一緒に、先日亡くなってしまった東武動物公園の人気フンボルトペンギン「グレープ君」も登場しています。
 
さて、キャラバン飛行は2017年11月3日からスタート。佐賀から熊本、宮崎と飛行し、11月4日には宮崎ー高地ー徳島ー神戸と飛行し、11月5日には神戸空港で一般公開を行いました。さらに、本日11月6日には神戸から八尾まで飛行します。そして11月17日には、八尾から高松までの飛行を予定しているのです。
 
プロジェクトではこちらのページにて、「けもフレ痛飛行機写真コンテンスト」も実施中。12月6日23字59分までに撮影した写真を送ると、さまざまな表彰や記念品がゲットできます。現時点では12月5日まで行われるキャラバンフライトですが、公式ツイッターでは海外からの飛行依頼も届いているんだとか……? 今後も無事に、そして大きくけものフレンズ痛飛行機が羽ばたいてくれることを楽しみにしたいですね。
 
Image Credit: 痛飛行機プロジェクト支援ファンド
■痛飛行機プロジェクト支援ファンド
https://kemono.fly-tanuki.jp/