突然ですが、有給休暇、取れていますか?

有給休暇は法律で認められた権利なので、サラリーマンなら誰でも保有しています。

そして、有給休暇の取得要件は特に定められていないので、「何となく休みたいから」という理由で休みを取得しても良いし、1年ごとに保有日数をすべて使い切っても法律上は何ら問題ないとされています。

しかし、現実には取得に良い顔をしない会社も多く、「有給休暇なんて、何か事情がないと取らせてもらえない」という方や「有給休暇なんて取ったことがない」という方も多くいるのではないでしょうか?

有給休暇を取りたいと言いづらい雰囲気の会社も多くあるのです。

それどころか、「取得実績のない」有給休暇に加え、誕生日休暇、記念日休暇などの「取得実績がない」特別休暇も用意している会社もあります。

制度があっても、実際に取らせてくれなければ意味がないですよね。

私が勤める会社も例外ではなく、消化できない有給休暇と、取った人を見たことがない「誕生日休暇」が存在しています。

どうせ取れないなら無くせば良いのに…と、少し思ってしまいます。

社員のモチベーションを上げる一番の方法は、規則を厳しくすることでも飲み会を開くことでもなく、「休みをしっかり取らせること」だと私は思っているのですが、なぜ多くの会社は真逆のことをしようとするのでしょうね。

なかなか休めないサラリーマンの皆様、今日も一日頑張りましょう。

【関連記事】
就活生に伝えたい「ブラック企業の見極めポイント」

【マンガ】就職活動でよく聞く「従業員満足度の高い会社」のカラクリ

【マンガ】「家賃1000円」の激安物件…事故物件じゃないのに一体なぜ?

【マンガ】iPhoneカップルにありがちなことを考察してみた!

【マンガ】会社に行きたくない…雨の日にサラリーマンがやりがちなこと

【マンガ】「よくスタバにいるカップル」と「頼みがちなメニュー」を考察してみた

【【マンガ】盗まれたり失くしたり…バカにならない梅雨の傘代

【マンガ】高速道路で「ICを行き過ぎた」ときの対処方法