なぜだかいつも待ち合わせ時間に間に合わず遅刻してしまう、困った遅刻癖を持っている女子の方って意外に多いですよね。女子同士の集まりでは少々の遅刻であれば「ま、いっか。わたしもときどき遅れちゃうし」と許されることが多いですが、男性との待ち合わせではそうは思ってもらえない可能性の方が高いもの。
そこで今回は、男性の方に遅刻の理由をわかってもらうためにも、その具体的な理由の例を挙げていきたいと思います。いや、けっして言い訳なんかではないんです……!

1. まゆ毛の処理

出かける数十分前、そろそろ化粧をしようと鏡を出して前髪を止めたとき、ふと目に付くのがまゆ毛のムダ毛です。目立つほどではないけれど、処理をしないとまゆ毛の形がおかしくなってしまうし、まゆ毛の出来がいまいちだと顔全体のバランスも取りにくくなるし……で、結果として見積もっていた時間を大幅にオーバーしてしまう、なんてこともしばしば。
「まゆ毛の処理ぐらい前日にやっとけよ!」と言われてしまえばごもっともなんですが、いちばん鏡で自分の顔を見る瞬間って化粧の前なんですよね……。特に好きな男性と会う日にはベストコンディションで臨みたい! と思うのは当然で、つい念入りにまゆ毛の処理をしてしまったり……。

2. まつ毛にホコリが付着

これも化粧中あるあるなのですが、マスカラを塗った後まだ乾かないうちにホコリが付着してしまい、それを取り除こうと格闘した結果、気付いたら予定の時間より長くかかってしまった……というなんとも地味なトラブル、筆者の周囲でもよく耳にします。まつ毛のホコリってほんとやっかいですよね……。コームでもなかなか取れないし、指で触ろうものならグチャグチャになってしまったりするし、かといってベースメイクからやり直す時間もないし……ですごく焦ります!

3. 服の組み合わせがなんか違う

もちろん組み合わせ自体は前日の夜に考えておくという方がほとんどだとは思います。ですが、いざ当日着て鏡の前に立ってみると「あれ、なんか昨日想像してた感じと違う……」なんて違和感を覚えてしまうことも。慌てて出かける直前に一からコーディネートを考える羽目になった経験、女子の方なら何度もありますよね。昨晩は帽子やアクセサリーからタイツの色、重ねる靴下や靴まで完璧に決めていたものの、いざ実際に着てみるとシルエットや素材感がなんかちょっと微妙にちがったり……。
直前に慌てるくらいなら前日の夜に試しに着ておけばいいじゃないか、と言われるとぐうの音もでないですが、そこまで準備するのはけっこうめんどうくさいんですよね。この手の失敗はその都度反省するものの、何度も繰り返してしまうという方もいるのでは?

4. 1〜3のどれかひとつでも手を抜くと文句を言われるかも…

もちろん遅刻はいけないことです! ですが、まゆ毛の処理を怠れば「だらしがない」、まつ毛にホコリが付いていれば「不潔」、服の組み合わせがいまいちなら「センスが悪い」などと男性に言われてしまうかもしれない……と思い、出かける直前に気になるところが出てきてしまうという側面もあるのです。「女子は身支度に時間がかかるんだから大目に見ろ」だなんてのたまうつもりはありませんが、ちょっとハードルを下げていただければ女子としては助かります……。