イマドキの「ちょい太めナチュラル眉」を目指そう

写真拡大

【写真を見る】眉毛の整え方1.ブラシでとかす

細眉のはやった時代を引きずって、今も「細くクッキリ!」描いている人、意外と多いはず。気付かないうちにレトロで老けた印象を与えていることも。今どきのちょい太めのナチュラル眉なら、一気に若々しい印象に! まずは、ベースになる眉毛の整え方をマスターして。

 

■ 【HOW TO 眉毛の整え方】

ちょい太めのナチュラル眉が、今どきのあか抜け顔。だから眉は細すぎ・切り過ぎ・整え過ぎには気をつけて。揃え過ぎないくらいのラフさが、かえって顔全体のムードを今どきに感じさせます。

 

●1. ブラシでとかす

まずはブラシやコームで、毛の流れに沿って整えます。このひと手間で、眉毛の切り過ぎなどの失敗を予防できます。

 

●2. 眉頭〜眉山のハミ毛を切る

眉頭から眉山(眉がいちばん高い場所)の間の毛を、眉のラインに沿って指で押さえ、ハミ出ている毛を切ります。

 

●3. 眉山.眉じりのハミ毛を切る

眉山から眉じりまでは、下側のラインをコームや指などで押さえ、ハミ出ている毛を切ります。揃え過ぎずラフに切りましょう。

 

●4. 眉下の余分な毛も処理

眉毛の下やまぶたにうぶ毛があると、やぼったい印象に。眉ラインから外れた細かい毛は、そるか抜くかして取り除いて。

イマドキのちょい太めナチュラル眉なら、必死に細くしなくても大丈夫。毛抜きはいりませんよ。