2012年に日本に上陸した先代の初代コンパスは、「ジープ」ブランドにも関わらず日本導入時はFFのみという品揃えで話題を集めました。その後、4WDも設定されています。

2代目となった新型ジープ・コンパスは、全長4400×全幅1810×全高1640mmというサイズで、ジープ・レネゲードの全長4255×全幅1805×全高1695mmよりも長く、少しワイドですが、全高は55mmも低くなっています。なお、先代コンパスよりも全長は75mmも短縮され、日本での道路事情にもマッチする取り回しの良さが魅力。

外観は、ミニ・グランドチェロキーといった顔つきが特徴で、ジープの最上級モデルからデザインテイストを受け継いでいます。新たなアレンジが加えられた7スロットグリルをはじめ、クラブシェルタイプのエンジンフード、台形のホイールアーチなどジープ伝統のデザイン要素が盛り込まれています。

また、中間グレードの「Longitude(ロンギチュード)」には、ブラックペイントルーフが採用され、上質な雰囲気を強調。

内装では、ダッシュボード中央には第4世代目となる「Uconnectシステム」が配置され、画面の視認性や操作性が大幅に向上されたほか、「Sport」に用意される7インチタッチパネルモニター付ラジオ、「Longitude」と「Limited」に搭載される8.4インチオーディオナビゲーションシステムともに「Apple CarPlay」および「Google Android Auto」に対応。スマートフォンと連携させることで、メールの送受信や通話、オーディオ操作、音声ナビゲーションなどが使用できます。

さらに、センターコンソールには、電子制御パーキングブレーキやSTART&STOPシステムのメインスイッチ(SportおよびLongitude)、そしてメディア充電、接続ポートなどが配置されています。また、シートやドアトリムにはステッチをあしらうことで上質な空間を実現。

「Limited」には「Beats Audioプレミアムサウンドシステム」を搭載し、車内にいながらにして本格的な音響空間が楽しめます。

使い勝手の面では、多彩なシートアレンジに加えて、積み込む荷物の大きさや形状に応じて荷室フロアの高さが調整できます。また、ノートブックPCやタブレット端末を収納できる足元のメッシュサイドポケットや助手席下収納なども用意されています。

安全装備も充実していて、各種エアバッグやエレクトロニック・スタビリティ・コントロール、トラクションコントロール、リヤパークアシストを全車に標準装備。

さらに「Limited」には、クラッシュミティゲーション付前面衝突警報、ブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション、「ParkSenseフロント・リヤパークアシスト」、「Parkviewリヤバックアップカメラ」など先進安全装備が標準で用意されます。

グレードは、3,230,000円の「Sport」、3,510,000円の「Longitude」がともにFF。4,190,000円の「Limited」は4WD。エンジンは、2.4L直列4気筒「マルチエア」で、FFが6AT、4WDが9ATの組み合わせ。

さらに、導入時限定の「ローンチエディション」も設定されています。

「Limited」をベースに、メーカーオプション扱いとなるラグジュアリーパッケージ(デュアルペインパノラミックサンルーフ、パワーリフトゲート)を標準装備し、さらにパールコート塗装が施されたボディカラーの組み合わせ。270,000円分のアイテムを装備しながら、価格をベース車の100,000円高の4,290,000円に抑えたお買い得なモデル。ボディカラーは、「ブリリアントブラッククリスタル(50台)」と「ヴォーカルホワイト(50台)」の2色から選択できます。

(塚田勝弘)

【新車】新型ジープ・コンパスはFFと4WDを設定し、価格は3,230,000円〜4,190,000円。お得なローンチエディションも(http://clicccar.com/2017/11/06/528306/)