この数年ですっかり定番の調味料になった塩こうじ。その塩こうじ界に彗星のごとく現れ一躍人気者になったハナマルキの『液体塩こうじ』をご存知でしょうか?

通常の塩こうじは、こうじの粒々が残った不透明のドロドロ状態なのですが、液体塩こうじは独自の製法でクリアな液体にしたものなんだそうです。確かに、見た目にはお酢のようなサラッとした液体です。おかげで計量したり混ぜたりしやすく、加熱してもコゲつきにくいことが特徴です。これなら醤油と同じような感覚で手軽に使えそうですね。

塩こうじには、肉や魚を柔らかくする、旨味を引き出す、臭みを抑えるなど、いろいろな効果がありますが、まずは簡単なレシピでその実力を知っておきたいところですね。今回は公式サイトで紹介されているチャーハンを作ってみることにしました。

液体塩こうじでチャーハンを作ってみた

液体塩こうじの効果でパラパラに仕上がると紹介されていますが、果たしてどうなるのでしょうか。そしてお味は? 味わいを確かめるべく、シンプルな材料で作ってみましたよ。

用意するもの液体塩こうじ 大さじ1ご飯 茶碗2杯分卵 1個刻みネギ 適量ごま油 適量

作り方

フライパンにごま油を熱し、ネギを炒めます。卵も加えてさらに炒めます

ご飯を加えて混ぜ合わせます。そこへ液体塩こうじを投入!

液体塩こうじの水分がなくなるまで、しっかり炒め合わせたら出来上がり!

家庭のガスコンロでも、結構パラパラに仕上がりました。どれくらいパラパラかというと、混ぜ合わせていた木ベラにご飯粒がくっつかないくらいです。コツは強火と、最後は念入りによく炒め合わせることですね。

ご飯粒がツヤツヤしてますよ。お味の方はいかがでしょうか。さっそく頂いてみます〜。

うん、これは優しい味わい。ほんわりマイルドな塩味です。素材の旨みを生かす塩こうじだけあって、ご飯の美味しさが味わえますね。液体塩こうじだけで、パラパラの仕上がり&程よい味付けができちゃうなんて超お手軽です。

そしてこのチャーハン、冷めても美味しいんです。ご飯が硬くならず、塩味も引き締まって味が落ちないので、お弁当や作り置きにもおすすめですよ!

カロリーは?

液体塩こうじのカロリーは大さじ1杯(15ml)あたり24kcal、食塩相当量は2.2gです。

<参考リンク>
・ハナマルキ|液体塩こうじ
・モッチリおいしいぞ! 『塩麹豆腐』は万能すぎ&ヘルシーなので作っておきたい