キャリア上昇を素朴に信じた転職者の末路

写真拡大

転職は、その人の人間性があらわになる人生の岐路だ。幾多の人間模様を見てきた転職のプロたちに、成功する人、失敗する人のメンタリティを聞いた。慎重な人と能天気な人。成功するのはどっちか――。

----------

▼参加した人
ヘッドハンター(A:30代)
主に部門長以上の経営者やエンジニア、スペシャリストのヘッドハンティングを担ってきた。現在、独立して組織戦略のコンサルティングを兼ねる。
転職コンサルタント(B:50代)
これまで数千人、数百社の間の橋渡しを手がけてきた転職のプロフェッショナル。慣れない転職活動を行う中高年に親身になって指導・アドバイスを行う。
ヘッドハンター(C:40代)
ヘッドハンティングのファームに所属。製造業と情報通信業を中心に、幹部や現場のマネジャークラスの即戦力人材をクライアントに多数紹介。

----------

■“郷に入れば郷に従う”人は採用されるか

――能天気なぐらいの人のほうが、転職もスムーズで出世もするのでは?

【A】いや、前向きでも慎重でも、能天気だったり、弱気で鈍重すぎたりと極端なのはNG。極端に前向きだと、例えば勝手に何でも進めてしまい、報告、連絡、相談などをすっ飛ばして突き進み、しまいには周囲から「KYだね」と言われてもどこ吹く風。“スーパー・ポジティブ・シンキング”で、その自覚すらないこともある(苦笑)。ちっとも悪びれずに、「今までそうやってきた」と言い切る人がいるぐらいです。雇う側からすれば、こういうのはある意味失敗例かもしれません。

【B】そうですよね、たしかに前向きすぎて、何でも「それやりましょう」と言う人はいます(笑)。でも、やはり度がすぎれば、転職先の会社も「それで本当に大丈夫なの?」と不安な気持ちになります。どんな仕事も、常に不確定なものに向き合うわけですから、ある種の前向きさも必要です。が、確認しなきゃいけないものは、やはり慎重にやるべき。イケイケドンドンがすぎて、押さえるべきところが抜けてしまえば、失敗につながります。

【C】大手メーカーの50代役員で、転職時に「タイトル(肩書)、ブランド、年収を落としたくない」と言う方がいました。こういうタイプは、前向きと言えばそうかもしれませんが、常に高望みで欲に限りがない感じです。でも実際は世情が厳しくなったこともあって、市場価値には合致しませんでした。

こういう方は、表向きは「チームワークを大切にします。部下から慕われています」という雰囲気を醸し出しますが、我々エージェントには「自分だけが成功したい」という意識の強さばかりが見えてしまうんです。別個でいい話があれば、すぐにそちらに移ってしまうかもしれないと思ってしまう。

――難しいですね。逆に、慎重すぎた失敗例はどんなものでしょう?

【A】そういう人たちの中に、“郷に入れば郷に従え”というタイプがいます。転職先の組織、カルチャー、やり方を慮り、仕組みに順応しようとする人。

一見、いい感じなんですが、変化や改革を求めて中途採用を行っている企業も多いから、中に染まって金太郎飴と化してしまっては、わざわざ外から採った意味がないわけで。

【B】すぐ思い出すのは、何でもかんでも確認しないと気が済まない、慎重すぎる40代の例。面接に臨んだとき、態度、表情、言葉遣いにそれが出てしまった。「就業時間や残業時間は?」から始まって、あれこれ細かくチェックしすぎたみたいです。企業側も「うちではちょっと……」と断ってきました。

【C】大人しくて控えめな人は、よくお見かけします。大風呂敷を広げないのはいいんですが、自分のよさをもっとアピールしないと、相手企業は「この人、ちゃんと頑張れるのかな……」と二の足を踏んでしまう。

■おとなしい転職先に“闘魂注入”した40代

――では、前向きで成功する人は、どれくらい前向きなんですか?

【B】やはり、楽観的に物事を考えられることは大切ですね。業種で言えば、外食や小売りは直接お客様と触れ合うので、とりわけ明るさや前向きさがないと。よく、「社長と相性が悪い」と悩む人がいますよね。でも結局、人間関係はどんな状況下でも自分でつくれなきゃダメなんですよ。前向きな人なら、乗り越えられます。

【A】元気な40代が、慎重でおとなしい社風の会社に入った例を知っています。普通ならハレーションを起こしてハイ終了、なのですが、この人の場合は、その職場に“闘魂注入”した格好に。マネジメントとマッチして、部や課によい波及効果を与えました。

【C】親の介護や子どもの健康状態がきっかけで転職する人も、今は多いですね。都会育ちで田舎を知らない人が、ある地方での地域おこしの起業体験が「心に響い」て、家族を連れて転職した例もあります。仕事が人生に占める割合は多いし、生き甲斐も仕事から得る場合が多い。仕事もプライベートもハッピーになる選択なら、成功といえるかもしれません。

――いい事例ですね。慎重な人が成功する事例についてはどうでしょうか。

【B】新天地で自分がやるべきことに関して、面接で慎重かつ的確な質問ができる人は、企業側も「おー、さすがだな」と安心します。企業ごとに「ここを聞かずに入ってこられちゃ困るよ」というポイントがありますから、そういう点では慎重派のほうが有利。業種で言うと、経理畑や法務畑は慎重で細かい人が多い印象です。

【A】能天気はNG、慎重な人じゃなきゃダメなポジションというのもあります。例えば、会計の不祥事で営業トップを交代させるときや、新しく内部統制部門をつくるとき、ここには必要以上に慎重な人を配置したほうがよい。「すごく堅い人が来た」と、社内にもメッセージが伝わります。

【C】あるメーカーの管理部門の50代部長の例がわかりやすい。とても慎重で穏やかな人柄でした。考え方に軸があるので単純に「いい、悪い」「イエス、ノー」ではなく「自分の考えはこうだからノーです」「でも、ここまでだったらいいです」と丁寧に説明できる人でした。転職先でも「あなたが言うならわかった」と、周囲からも絶大な信頼を得るようになったそうです。

■“一休さん”では企業側は物足りない

――転職のしやすさで、両者に差はありますか?

【C】社風やオーナーの考え方、業務内容にフィットするかどうかじゃないでしょうか。ただ、それより何より「この人に任せれば大丈夫だ」というスキルとパーソナリティを本人が持っていることが大前提でしょう。スキルの軸で言うと、やはり専門性の深さ。そこをいかに年齢とともに深めているかが重要。その年齢に合った、あるいはそれを上回る専門性の深さがあれば、どこの会社も興味を示すと思います。

【B】慎重な人は、相手から出てきたもので判断する傾向があります。「捕まえるから、虎を屏風から出してくれ」と言う頓知の一休さんのようなもので、自分で何かをつくり上げるんだっていう意識が足りないんです。企業側からすれば少々物足りない。「アナタはお膳立てがなきゃ何もできないの?」ということになる。でも、前向きで決断力がある人は、虎は自分で出そうとします。管理職層、マネジャークラスなら、こういう積極的な資質の持ち主のほうが転職しやすい。

【A】前向きと慎重の二面性を演じ分けられる人、けっこう知ってますよ。企業には黎明期、成長期、成熟期、変革期の4つのステージがありますが、このタイプは変革期の企業で活躍します。V字回復が必要なときで、トップにはアグレッシブなメッセージを発信し、疲弊している現場には対話と調和を重視する方向で取り組むんです。

こういう“二重人格”タイプには2つ特徴があって、まず昔は“出る杭タイプ”だったこと。上司に「ふざけんな」と食ってかかったような人が多い。もうひとつは、若い頃に海外に出ていること。日本の常識が通じない世界で「えーッ⁉ こんなのがありなのか」と「え⁉ (日本では常識の)これって無意味なのか」の2つを体験し理解しています。そういう人が年齢を重ねるにつれて段々と練れていって、二重人格というより賢さで振る舞いの見せ方を変えることができるんです。

■「1社への帰属に不安を覚える」若年層

――転職を繰り返す人がいます。前向き派、慎重派で違いがありますか。

【A】今、日本人は生涯に平均3回は転職するといわれます。前向きで何度も転職できる人は、評価すべき点があるということ。ただ、役職が上がったり下がったりする人は、典型的なジョブホッパーとして評価が低い。一方、慎重な人は長期的な目線で行動するので、転職回数は少ない気がします。逆に言うと、慎重派が転職するときはその会社の先が危ないときかもしれません。

【B】私はちょっと見方が違っていて、慎重な人ほど転職を繰り返す気がします。さっきの一休さんじゃないけど、慎重な人の多くは、人に用意してもらったことを評価しながら動く。もし用意されたものに違和感があると、「自分はここには合わない」と結論付ける。一方、前向きな人は、多少嫌なことがあっても乗り越えていこうとする姿勢がある気がします。

【C】最近の傾向だと、前向きさと慎重さの両面を併せ持つ人もいます。今の若い世代は、1社に帰属するのがかえって不安だと言います。自分の可能性が狭まるかもしれないと考え、契約社員や復職できる会社を選ぶ人もいる。今は年功序列でもないし、親やシニア世代を見て不安になるのでしょう。だから、自分の可能性を広げるためにスキルや経験、人間関係やネットワークを広げておきたいと考える。そのために転職を繰り返すという人もいます。

【A】あと、会社の置かれている状況で転職せざるをえないケースも。業績が悪く「もうこの会社は5年後になくなるかも」とか、ボーナスも出ない有り様なら、やはり誰しもが考えますよね。こうなれば、慎重派も前向き派も、どちらも等しく転職するしかない。

【C】ちょっと背伸びして転職先を選べば、今よりもっと厳しくなるかもしれない。自分の身の程を知って、背伸びしないで選んでいけば、プレッシャーは少ないかもしれない。しかし、それだと物足りなくなって、やはり転職するかもしれない。成功、不成功は一概には言えません。結局は、自分にとっての正解を見つけるしかないでしょう。

■「自宅パソコンで求人探し」だけじゃダメ

――転職には退社という関門がありますよね。そこで差はありますか?

【A】問題になるのは、慰留と引き継ぎです。前向きな人の多くは、次の会社に完全にマインドが移ってしまい、もはや“心ここにあらず”。会社側もいちおう慰留はするけど、無意味だから「なんで?」ぐらいしか聞かない。一方、慎重な人は会社側も止めに入ります。ネックが1つ1つ取り除かれ、最終的に残る人もいます。

引き継ぎに関しては、前向きな人は適当な資料しかつくらない。いい情報しか残されていないお客さんから怒られて、前任に「どういうことですか」と聞いても「そういえばそんな失敗があったかな」とか。でも慎重な人は、辞める前から自分がいなくなってもいいようなオペレーションを組んだり、部下に権限委譲していたり、引き継ぎ事項をまとめていたり。引き継ぎは慎重な人からのほうが圧倒的に楽ですよ。

【B】うまく会社を辞めるには、まずどこに転職するかを言わないこと。転職先についてあれこれ悪口を言う人もいますから。もちろん“立つ鳥跡を濁さず”で、今いる会社や人の悪口も言わないのが賢明。あえて言えば、慎重な人は寡黙ですが、前向きな人はペラペラ話したがるので注意が必要です。

――転職活動中はどう過ごしますか?

【B】自宅のパソコンで求人探しをやる人がいますが、それだけだとよくありません。顔色が悪くなり、表情が乏しくなり、会話の反応が鈍くなる。例えば部長をやっていた人は、次の転職先でも部長で応募するわけです。転職先の相手が見たときに「ああ、さすが部長だな」という、ピカピカしたものが見えてないとマズイわけですよね。いくら過去に部長をやっていたとしても、しょげ返った雰囲気が漂っていれば誰も採用しません。

転職活動中は、メンタルを落とさないことが一番大切。履歴書1つ書くにしても筆が鈍ります。だから、自分の名刺をつくってセミナー、展示会などに通い、なるべく人と会ったりするほうがいい。職探しもカフェや外でやるほうがいい。要は休まないことです。間違っても「疲れたから海外旅行に行きます」などとやっていてはダメです。そんなことをしたら顔が緩んでしまう。中高年の転職なんて、待っていても何もいいことはありません。自分で切り開く前向きさは絶対に必要です。

【A】前向きな人は「今日は面接だし」と言って気にせずに有休をとったりするのですが、慎重な人は退職してから転職活動をするケースがあります。要領が悪いように見えますが、責任感が強いとも言えますし、その人なりの労働哲学が滲み出るのだと思います。

■キャリアアップを真剣に信じている人

――ポジティブ・ネガティブを含めた転職の考え方を聞かせてください。

【B】転職の理由はさまざま。会社の業績が悪化したから、部門が閉鎖してほかへ移れない、親の介護で田舎に戻る等々。一方、ぶっちゃけて言うと、会社に不満がある、大きな失敗をした、ネガティブな烙印を押されて出世できない等々。その際エージェントには、本当の理由を言ってもらわないと困る。例えば「社長とそりが合わない」というのも表面的なもので、本当は「こういうポジションで、こんなことがやりたいのですよね?」という前向きな本音が必ずあるはず。それを引き出すのがエージェントの仕事です。

【A】日本人の多くは、アンケートなどで転職の理由を聞かれたりすると「キャリアアップのため」などと答えますが、本当はネガティブなものが多い。そもそも人間関係も給料も労働環境もいいなら、辞める理由はないでしょう。

ただ前向きな人の中には、キャリアアップを真剣に信じている人がいる。あらかじめ将来の人生設計を決め、そこに向かって動いている。最初はコンサルで、次は経営企画に、その次に幅広い仕事をやるために中堅企業に行く。「よし、戦略も描けるし、財務も経理もわかるから、ベンチャーのCFOを探す」という感じで、とにかく前向き。そういう人は「将来の目標はどっちにしたほうがいい?」と相談してきたり、外部の目を有効活用して、自分が何かを達成したいときに必要な経験やスキルを揃える準備をしています。一見、アグレッシブですけど、すごく慎重な部分も併せ持っています。

【C】今は仕事をどう自分でデザインするかという時代です。成功か不成功かは、実は尺度があるわけではないので、ボランティアでもNPOでもどんな働き方だっていい。まずは何が得意で何が不得手なのか、自分に対する理解と職業観を把握するべき。どんな仕事ならモチベーションが上がるか、下がるかは、これまでやってきた仕事の中で経験してきたはず。転職時にそういう意識を大切にすれば、後々「自分の職業人生はよかった」と言えるようになるのでは。

――貴重なアドバイスをありがとうございました。

(篠原 克周 写真=PIXTA、AFLO)