ブラザー工業の小池利和社長(左)とコメダ珈琲店の臼井興胤社長(右)

写真拡大

異色の「社長対談」が実現した。ともに愛知県名古屋市に本社を置くプリンター大手のブラザー工業と、喫茶店舗数で国内3位のコメダ珈琲店(コメダ)だ。事業内容も売り上げ規模もまったく違うが、共通項もある。その1つは両者の社長とも米国での駐在経験があることだ。「海外経験」はキャリアを積み上げるうえでどれだけ重要なのか――。(後編、全2回)

■「年功序列」打破のために海外駐在へ

――2人の共通点は、新卒で入社した会社で「海外駐在経験」があることです。その後の歩みは好対照で、小池さんは同じ会社でキャリアを積み上げ、臼井さんはさまざまな会社でキャリアを積み上げました。まず、海外駐在を希望した理由は何ですか。

【小池】私は昔から「大口を叩き、言いたいことを言う」性格でした。好奇心旺盛で何でも自分で見てみよう、やってみようと考える。米国に行ったのも、ブラザーが海外でプリンターを販売することになって「それならオレが売ってみせる」と駐在員に立候補したのがきっかけです。ただ、学生時代から英語が大の苦手。赴任前も赴任後も英会話学校に通いましたが、最初は営業に行っても「英語がもっと上達してから出直してこい」と言われる始末でした(苦笑)。それでも何とか習得して現地で仕事をしてきました。赴任当初は23年半も住むとは思いませんでしたが。

【臼井】新卒で三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)を選んだ理由は、「社費で海外のビジネススクールに留学させてくれる」と聞いたからです。入行すると、試験に合格しなければ留学できないことを知りました。それでも行くことができ、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に留学後、そのまま米国駐在となり、5年ほど生活しました。

米国の金融界は、シティバンク(現シティグループ)経営者のジョン・リードが40代で辣腕を振るって業績を立て直し、シティを輝かせていた時代です。帰国してからは東京の本社勤務で、頭取直轄の企画部にいましたが、日本の銀行は学閥など内向きな視点も目立った。当初は三和銀行で出世する意識がありましたが、「グローバルでは勝ち目がない」と思い始めたのです。

【小池】ジョン・リードは、あの時代の米国金融界の象徴でしたね。私は、入社当時から「この会社はオレが何とかしないとダメになる。ここなら社長になれるかもしれない」と思っていました。当時のブラザーは第二次オイルショック直後の不況で採用を手控えた時期で、少し上の世代も少なかった。でも最初に配属された職場で、日々の仕事をこなすうちに焦り始めました。このままでは年功序列で20代や30代が平社員のまま終わってしまう、と。そこで2年後に訪れたチャンスを生かし、年功序列を飛び越えるために米国駐在員に立候補して現地に渡ったのです。当初の赴任地はロサンゼルスだったので接点がありますね。

【臼井】そうですね、米国の中でも日本人駐在員が多い地域でした。

■海外生活は「視野が広がる」

【臼井】海外経験が出世に影響するかは、人によるでしょう。もし、有名大学を卒業して語学に堪能でも、コミュニケーションが苦手な人は、意識改革をしない限り、海外に行けば、突然、社交的になるとも思えません。ただし海外経験は、その後のビジネス人生に生きます。人種も違えば、学んできた教育、生活文化、食事内容も異なる人たちと一緒にビジネスを行うので、価値観も変わり、視野も広がるのです。

【小池】私個人としては米国に渡ってから、販売、マーケティング、商品企画、財務、IT、ロジスティクス、顧客サービスなどさまざまな業務に関わり、多様な経験を積むことができました。そのおかげで現在の地位に就いたので、チャンスを与えてくれた米国には感謝しています。ただ、私はマネジメントができて、リーダーシップが発揮できれば、ビジネスは何でもよかったのです。

【臼井】そこは同感です。

【小池】小池毛織という会社を経営する一族の家に生まれ、一時は200人ほど従業員がいましたが、繊維の街・一宮の紡績業の羽振りがよかったのは子ども時代まで。しかも父親は6人兄弟の末っ子でしたので、その息子が入社したところで中核にはなれそうもない。先行きも厳しい業種でしたので、最初から他の進路を考えていました。大学の同級生は銀行や生保やマスメディアなどに進みましたが、1人だけ愛知県に本社があるブラザー1社のみを受けたのです。もともと海外志望はなく、出世への近道と考えて渡米しました。

【臼井】なるほど……。私は自分の歩んだ道を振り返ると、好奇心が旺盛な半面、少し飽きっぽいのだと思います。銀行から当時勢いのあったゲーム業界のセガに転職後、スポーツ用品メーカーのナイキに移ったのは米国文化に対する憧れもあった。当時は未知の世界だった外食産業のマクドナルドに行ったのもそうです。コメダの社長となって4年たちましたが、どんな会社でも、マネジメントとリーダーシップという役割は共通です。

■社内公用語を「英語」にする気はない

――ブラザーはこれだけグローバル化が進むと、「社内公用語を英語に」という声も出てきそうな気がします。

【小池】それはまったく考えていません。業務で外国語が欠かせない人が、それぞれの自主性で習得すればよいのです。たとえば子会社となった英国ドミノ社の業務に関わる人は英語が、グローバルの販売業務に関わる人は現地公用語での会話が必要です。アジアの現地工場との交渉も多い製造・開発部門の人は、現地工場が多い中国語や英語で会話をします。それ以外の国内業務の人にまで、会社が一斉に英語を強要する気はありません。

■変身するために「何を組み換えるか」

【臼井】今日は特に、小池社長にお聞きしたかったのは「企業の変身力」についてです。国内中心のミシンや編み機のメーカーから、グローバルで展開するメーカーになりました。そして現在は、これまでのBtoC(企業対消費者)からBtoB(企業対企業)へと、主力業態の組み換えをされている。これだけの既存事業があるなか、何を精査して「次の一手」を打たれるのでしょうか。

【小池】基本的な視点では「技術の延長」「販売チャネルの延長」でできるか。それから近しい分野でチャンスがあるかでしょう。BtoCのプリンティング事業は既存事業ですが、英国ドミノ社のBtoBのプリンティング事業はこれに該当します。ただ、この会社が、現在のように国内売り上げ構成比率が下がった原因は、ミシンや編み機の「訪問販売」なんですよ。

【臼井】かつては「嫁入り道具」で、私の母親も使っていました。

【小池】直営店や特約店を合わせて、日本全国に1500店ほど展開し、約2万人のスタッフがいた。毎月数千円を積み立てて、一定額になればミシンが手に入る――。前金なので運転資金の借り入れもしなくてよく、戦後から高度成長時代まではうまくいったビジネスです。でも日本人の生活が豊かになり、既製服も増え、キャッシュで商品を買える時代になると厳しくなった。そうした端境期に入社した私は、会社の業態転換も自ら体験しました。

【臼井】小池さんの奮闘もあり、米州事業が成長して業態転換も果たされました。

【小池】会社って、急に明日から悪くなるわけではなく、3年、4年とジワジワ悪くなっていく。今のプリンター事業もそうです。現時点では主力事業ですが、年々、消費者は紙に印刷しなくなっている。そうなるとインクやトナーの消耗品も売れなくなるので、4〜5年前から社内で危機感をあおり、技術や販売チャネルが共通する会社のM&A(買収)も行いました。新規事業の育成と合わせて、次の業態転換を図っているところです。

【臼井】技術や販売チャネルの延長、そしてM&Aも行い、勝てる道を探るわけですね。

■課長になれない人、役員になる人

――最後に、人材登用についてお聞きします。出世したい・したくないは個人の価値観もありますが、「課長になれない人」や「役員になる人」の違いは何だと思いますか。

【臼井】「能力」よりも「意識」の問題が大きい。どんな人でも意識が変われば、課長も部長も、努力すれば社長にだってなれます。ただ「出世」の基準が昔とは変わり、同じ会社で昇格する"出世"もあれば、独立起業して経営者になる“出世”、好きなことを仕事にしてワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)をめざす"出世"もあるでしょう。

一方で職種によっては、今後ITや人工知能にとって代わられるものも多い。

【小池】「ITや人工知能の進化で、将来はこれだけ仕事がなくなる!」という記事もよく見かけますが、メディアがあおるほど、そんなに次々に今の仕事がなくなるとは思えません。

【臼井】職種によるでしょうね。

【小池】企業人として出世したいのなら、仕事に対する当事者意識と、先を見つめる目も必要だと思います。私は「この会社は自分が(社長として)やらないとダメになる」と、新入社員時代から危機感を持っていました。当時の経営陣も同じ意識でいたので、業態転換もできたのですが……。現在の私は、日々の業務のPDCAサイクルを回しながら、「この会社が将来生き残るために何をすべきか」を考え、施策を打っています。

【臼井】先ほど「意識」と言いましたが、「当事者意識の高さ」ですね。出世する人は、若いうちから日常業務をきちんとこなしつつ、課長や部長の目線で考えています。

【小池】企業の競争もそうですが、個人も「他人と同じことをしていては勝てない」。立場が変われば、交流する相手も変わります。山の上のように“見える景色”が変わるのです。

▼取材後記

小池氏と臼井氏の対談を企画したのは、名古屋企業の経営者だけではない。長年2人を取材して感じた“知的ヤンチャ”な一面が、読者の参考になるのではと考えたからだ。

両氏とも学業成績は優秀だったが、生真面目な優等生タイプではない。思ったことを口にするが、細心な一面もある。平穏な時代なら「ユニークな名物事業部長」で終わったかもしれない人材が、経営のかじ取りを担う激動の時代――。今後の参考になれば幸いだ。

----------

小池利和(こいけ・としかず)
ブラザー工業 社長。1955年愛知県一宮市生まれ。実家は小池毛織(当時)の一族。早稲田大学政治経済学部卒業後、79年にブラザー工業に入社。米国駐在を希望して自ら手を挙げる。82年ブラザーインターナショナル(U.S.A)に出向し、渡米(その後、滞米生活は23年半に及ぶ)。主力がタイプライターから情報機器に移るなか、米州プリンティング事業の拡大に尽力した。44歳で同社社長に就任。2005年に帰国し、本社常務。07年にブラザー工業社長に就任。米国時代からの愛称は「テリー」。社内ブログ「テリーの徒然日記」を発信し続け、連載1000回を突破。休日はブログのネタづくりを兼ねて社寺探訪や野球観戦などを行う。

臼井興胤(うすい・おきたね)
コメダ珈琲店 社長。1958年愛媛県松山市生まれ。小学校を転々とし、主に東京育ち。都立富士高校から防衛大学に進学。中退後に一橋大学に入学して同校卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)でMBA取得。本社企画部勤務などを経て、ゲーム会社のセガに転職。以後ベンチャーキャピタル、ナイキ、日本マクドナルドCOO(最高執行責任者)を経て、セガに復帰して社長に就任する。グルーポン東アジア統括副社長を歴任した後、2013年7月にコメダ社長に就任。休日の気分転換は早朝に大型バイクで疾走することと渓流釣り。

----------

(ブラザー工業 社長 小池 利和、コメダ珈琲店 社長 臼井 興胤 司会進行・構成=高井尚之(経済ジャーナリスト) 撮影=上野英和)