昨年お伝えした新東名高速道路の速度規制見直しの件、本年11月1日午前10時より新静岡IC‐森掛川IC間の上下線約50kmの区間で、最高速度が従来の100km/hから110km/hに改められました。高速道路の規制速度が引き上げられるのは、名神高速道路が1963年7月に開通して以来初となります。

経済効果を睨んだ「高規格の高速道路における速度規制の見直しに関する提言」を踏まえ、規制速度の引き上げに伴う事故発生率や移動速度などの変化を検証するため、試験的に約1年間行われるもの。

最高速度引き上げの対象となるのはカーブが緩やかな片側3車線の事故発生が少ない区間で、片側3車線の割合が約50%存在。標準的な2車線の高速道路に比べ、死傷事故率が3割程度低いと評価されているそうです。

引き続き、12月1日からは東北自動車道(花巻南IC‐盛岡南IC)の約30km区間でも同様の試行が予定されており、結果次第では新たな区間や将来的には120km/hへの引き上げも検討されている模様。

ちなみに今回規制速度の引き上げ対象となったのは普通乗用車や大型バス、中型貨物車の一部、バイク。

一方、大型貨物車(最大積載量5ton超)の規制速度は現状どおり80km/hで変更が無いため、2車線区間の上り坂等で加速性能の劣る大型貨物車が追い越し車線に出て来た際、後続車両との速度差が相対的に拡大し、危険な状況が発生する可能性が高くなります。

特に2車線区間では事故の未然防止の観点から、大型貨物車等による無理な追い越しを禁止するなどの処置が必要になりそうです。

いずれにしても、今回の規制変更の主旨は是が非でも110km/hで走れということでは無いので、周囲の状況に応じた安全な速度で走ることが肝要。追い越し車線を常時走り続けたり、前走車が遅いからといって後方から煽ったりするのはもってのほかであることは言うまでもありません。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

新東名と東北道の一部区間が最高速度110km/hに!
https://clicccar.com/2016/10/14/407675/

警察庁、新東名と東北道の最高速度120km/hに見直しへ!
https://clicccar.com/2016/03/25/362526/

新東名の開通区間「55km」を走ってみてわかったことは?
https://clicccar.com/2016/02/20/355132/

新東名55km区間開通で御殿場‐豊田間が60分短縮!
https://clicccar.com/2016/02/13/353613/

新東名高速の最高速が120km/hになるってホント?
https://clicccar.com/2015/07/24/317588/

新東名高速道路で11月1日から制限速度110Km/hの試行開始!注意点は?(http://clicccar.com/2017/11/06/527826/)