コミュニケーションロボットが花盛り(ハタプロの「ZUKKU」)

写真拡大

 ロボット関連のベンチャー企業が続々と登場している。特に企業の案内業務や家庭内で活躍しそうなコミュニケーションロボットでは、ベンチャーが「花盛り」だ。一方で、工場で働く産業用ロボットの制御分野でも、従来できなかった制御技術で存在感を発揮するベンチャー企業が出てきた。

 音声対話の技術が進化したことで、人と対話するコミュニケーションロボットが増えてきた。ソフトバンクの「ペッパー」やシャープの「ロボホン」などが有名だが、それら大手企業に負けないロボットをベンチャー企業も開発している。

 2015年に創業したMJI(東京都港区)の「Tapia(タピア)」は、顔の部分がタッチパネルになっており、音声対話と並行して対話に活用できる。音声は日本語、中国語、英語に対応。価格は9万8000円(消費税抜き)に抑え、一般的なコミュニケーションロボットと比べて低価格にしている。

 永守知博代表取締役によると、タピアは人工知能(AI)を使った画像認識技術に強みを持つ。すでに約2000万の画像データを学習済み。顔の画面を使ってじゃんけんをしたりでき、国内ではハウステンボス(長崎県佐世保市)が接客で採用している。

留守宅の見守りも
 ユカイ工学(東京都新宿区)は2007年設立。同社の「BOCCO(ボッコ)」は家族間のコミュニケーションを支援するロボットだ。ボッコに話しかけたメッセージを音声やテキストでスマートフォンに送ったり、スマホからボッコへ話しかけたりできる。青木俊介CEOは「親子間のやりとり支援を想定した」と説く。

 ボッコはセンサー類とも連携している。人やペットがボッコの前を通るとスマホへ通知する「人感センサ」や、玄関や窓の鍵の開け閉めを通知する「鍵センサ」、部屋の温度や湿度を通知する「湿度・温度センサ」などの機能も持つ。仕事などで留守の間でも、家庭内の見守りができるというわけだ。

 2010年設立のハタプロ(東京都港区)はフクロウを模した手のひらサイズの案内ロボット「ZUKKU(ズック)」を開発した。三越伊勢丹ホールディングスやパルコ、オートバックスセブンといった小売店と共同で、ズックを使って来店者の年齢や性別といった属性を把握する実証実験を進めている。得たデータを売り場作りなどのマーケティングに生かしていく。

 ズックも低価格と高機能を売りにする。伊澤諒太社長は「本格展開時には数万円にしたい」という。ズックで得たデータは米IBMのAI「ワトソン」の応用プログラムインターフェース(API)を活用して分析する。ハタプロは、ズックの大きさや形、性能を一つに定めずユーザーに応じてアレンジする方針。使い勝手でも差別化する。
制御系でもベンチャーが躍進

 高い制御技術によって、産業用ロボットが従来入れなかった分野へ活用させているベンチャー企業も出てきた。LinkWiz(リンクウィズ、浜松市中区)は2015年創業。産業用ロボットが自動で物体を認識し、動きを補正するソフトウエアを得意とする。

 一般的な産業用ロボットは、同じ動作を繰り返すことに長けている。同じ位置に拾わせたい部品を置けば、何度でもしっかりつかんで拾う。だが、1センチメートルでも部品を置く位置がずれているとつかめない。人間のように、部品の位置がずれていても目でずれを認識してアームの動きを補正するということをしていないからだ。

 産業用ロボットでは、人間が動きを教える教示(ティーチング)という作業がある。ティーチングペンダントという独特なコントローラーを使って一つ一つの動きを登録していく。ティーチングはスキルを持った技術者が行うもので、時間と手間がかかり人材確保にも苦労する。