がん健診が飛躍的に簡単になる?

写真拡大

 近未来のある日の午前──検診センターで看護師と向かい合ったあなたは、親指の先をチクリと針で刺された。これだけで年に一度のがん検診が終了した。

「昔はバリウムを飲んで大きな機械でグルグル回されたり、苦しい思いをして胃カメラを飲まされたけど、針を一刺しするだけでがんをほぼ完璧に診断できるなんて、ずいぶん楽な時代になったなぁ」

 そんな感慨にふけりながら、家路に着くのだった──。

 こんな“がん検診”が実現する時代が確実に近づいている。10月27日、千葉県がんセンターなどの研究グループは、5ccほどの血液からがんを早期に見つける検査法を開発したと発表した。

 これまでの研究で、健康な人とがん患者では、血中に含まれるナトリウムやマグネシウムなど『微量元素』の濃度が異なることがわかっていた。この点に着目した研究グループは、17種類に及ぶ微量元素の組み合わせを測定することで、がんの有無や種類を早期に診断することに成功した。

「研究では、膵臓がん、前立腺がん、大腸がん、乳がん、子宮体がんの5つのがんについて、約90%の確率で診断できました。従来の腫瘍マーカーを使った検査の的中率は25〜50%にとどまるため、大きな進歩です」(千葉県がんセンター・がん予防センター部長の三上春夫氏)

 研究グループは他のがんについても調査を進めており、将来的には8〜10種類のがんを判別できる見通しだ。国の承認を得て2019年度の実用化を目指す。そうなれば、日本のがん診断は飛躍的に進化する。

「実用化すれば、わずかな血液でがんを診断できるので、負担の大きな胃カメラや直腸診などの検査を抑制し、体の負担を軽減できてコストも抑えられる。何よりも、他の検査では把握できないがんリスクを早期に発見できる可能性がある。将来的には、がん検診や通常の健康診断に組み入れることも想定しています」(千葉県がんセンター研究所所長の永瀬浩喜氏)

※週刊ポスト2017年11月17日号