ラゲッジアンダーボックスは縮小もしくは廃止の可能性も

 ガソリンエンジンで発電し、モーターで走行するまったく新しい電気自動車のカタチ(厳密にはハイブリッド車だが)として、ノートのマイナーチェンジ時に追加され、瞬く間に大人気車種へと押し上げたのが「e-POWER」だ。今回の東京モーターショー日産ブースにはその第2弾となる「セレナ e-POWER」が初披露されている。といっても、スペック的なものは公開されておらず、確認できることはセカンドシートが2人乗りのキャプテンシートになっていることくらい。そこで、今回はe-POWERセレナのスペックを想像してみた。

 まず、搭載されるパワートレインだが、ノートe-POWERよりも車重が重く、大人数が乗ることを考えるとノートの1.2リッターガソリンに対してもう少し発電効率の高い大排気量のエンジンが用意されるのではないだろうか?

 また、モーターもノートよりも高出力なものが搭載される可能性があるだろう。先日登場したばかりの新型リーフのモーターは型式こそ先代と同じくEM57型(ノートe-POWERも同型モーターを採用)だが、出力が大幅に向上しているため、こちらが採用されるのかもしれない。

 駆動用バッテリーもノートはフロントシート下に1.47kWhという小型のものが搭載されているが、セレナクラスとなればもう少し容量が欲しいところ。公開された写真をみると、スマートマルチセンターシート用のシートレールが用意されていないため、フロントシートの中央に固定式のコンソールボックスを用意し、その中にバッテリーを設置する方式を採る可能性もありそうだ。

 内装は、前述のとおり、2列目シートがキャプテンシートになっていることは発表済みだが、8人乗りとなるセカンドベンチ仕様が用意されるかどうかも気になるところ。電装品用の12Vバッテリーはノートと同じくリヤに搭載されると予想されるため、ラゲッジアンダーボックスの縮小、もしくは廃止が想像できる。

 今回展示されている車両は、エアロパーツなどが装着された「ハイウェイスター」であるが、市販時には標準仕様も用意されると考える。また、価格はノートがベース車から45万円ほど高価となっているため、セレナも同等かそれ以上の価格設定になりそうだ。そのため、価格帯としてはライバルのノア/ヴォクシー/エスクァイアのハイブリッド車と同等の300万円〜となるはず。セレナには同一車線自動運転技術のプロパイロットも用意されるため、ライバル車へのアドバンテージは大きいと言えそうだ。