発売は2011年なので、すでに愛用している人も多いかもしれませんが、周囲に知らない人間が多かったので、あらためて紹介します。〈パイロット〉の「ダウンフォース」です。

どんなに高級なボールペンでもインキが出にくくなることがありますが、この「ダウンフォース」はちょっと違います。

書き出しからスッとインキが出るし、ペンを上向きにしても書き込めるという優れもの。あまり使うことはないですが、湿った紙にも書き込めます。

こうやって羅列すると地味ですが、あらゆるシーンで「インキの出る」というのは、使ってみると、ストレスがありません。逆に言えば、他のボールペンにいかにストレスを抱えていたかってことですね。気がつくと、ペンスタンドにあるなかで、コイツを手に取ってることが多い。

さて、なんでそんなにインキの出がいいのか。その理由は、加圧式だそうです。重力でインキをペン先に落とすのではなく、加圧でインキをペン先まで送り込む。ゆえに、どんな状態でもインキが届くそうです。

個人的には、フリクションボール以来の革命だと思っています。

まだ未体験の人は、ぜひ使ってみてください。Amazonでも楽天でも「ダウンフォース」で検索するとすぐに出てきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。