東京を生きる女たちは、もう気がついている。

「素敵な男の隣には、既に女がいる」という事実に。

自分が好きになるくらいの男を、他の目ざとい女たちが見過ごすはずがないのだ。

旅メディアで働く彩花(26歳)が、取材先のスリランカで出会った爽やかな商社マン・洋平(30歳)。

この出会いは、運命か。それとも...?




彩花(26歳)side-運命の出会いは、突然に


この世に「運命」が存在するなら、きっとこの出会いをいうはずだ。

-半年前-

亜熱帯らしい湿り気を帯びたぬるい風が頬を通り過ぎ、左耳のピアスだけが揺れる違和感を感じて、私は立ち止まった。

「あれ?片方ない…?」

右耳につけていたはずの、天然石のピアスがなくなっていた。

さっきまでランチを楽しんでいたテラス席だろうか。それとも、ここ『マウント ラヴィニア ホテル』に向かう道中、トゥクトゥクで風に吹き飛ばされてしまったか。

「彩花、どうかした?」

必死でこれまでの記憶を手繰り寄せていると、数歩先を歩いていた夏美さんが、鮮やかな碧色のサマードレスを揺らして振り返った。

夏美さんは、彩花より6歳年上の32歳。フォトジェニックな旅を提案するWEBメディア “Girls Trip”を運営する女社長だ。

私は今、彼女のアシスタントとしてここ、スリランカに同行している。

「ごめんなさい、ピアスが片方見当たらなくて…戻って見てきてもいいですか?」

夏美さんが頷くのを確認し、私は急いで燦々と日が降り注ぐテラスへと走った。そう高いものではないけれど買ったばかりのお気に入りだし、探さずに諦めたくはなかったのだ。

「やっぱり、ないかぁ...」

通ったと思われる道を何度か往復した後で、私は小さく独りごちた。

後ろ髪引かれる思いはあるものの、じりじりと照りつける太陽の下、当てもなく探し続けるのは限界がある。

-仕方ない…諦めよう。

そう自分に言い聞かせ、立ち去ろうとした時だった。

私に、「運命の出会い」が訪れたのは。

「もしかしてこれ、探してる?」

ふいに背後から聞こえた声に振り返ると、私のピアスを手にして微笑む“彼”が立っていた。

異国の地(しかも白亜のホテルのテラス)という高揚感、すべてを鮮やかに映す南国の光。様々なアドバンテージがあったことは認める。

しかしそれらを差し引いても、彼との出会いは、ただの偶然では片付けられない輝きを纏っていた。

…そう思っているのは、私だけかもしれないけれど。


旅先で彩花のピアスを見つけてくれた男。その正体は…?


度重なる偶然


彼は、大森洋平と名乗った。

総合商社勤務でスリランカへは出張で来ており、夜のフライトで帰国するのだという。

「実はいま会社の先輩たちといるんだけど、良かったら一緒に一杯どう?せっかくの出会いだし」

甘い笑顔で誘われて、私はまるで少女のように頬が赤らむのを感じた。

とびきりのイケメンというわけではないが、さりげない仕草や身のこなしが洗練されていて、年上の余裕がある。(後で知ったが、彼は30歳だった)

言葉にするのは難しいのだけれど…彼のことを知れば知るほど惹かれていくに違いないという確かな予感があって、それは抗いようのない衝動だった。

しかし、夏美さんが待っている。うっかりのぼせ上がっていたが、私は遊びで来ているわけではないのだ。

「私、もう行かないと…」

仕方なくそう言いかけた時、思いがけず救いの手が差し伸べられた。いつの間にか隣にいた夏美さんが、私の声を遮ったのだ。

「あら、ぜひ!スリランカのこと、いろいろ教えてもらいましょうよ」

彼女はそう言うと私を覗き込み、何も言わず意味深に、微笑んだ。




異国の風は、心の垣根を取り払う。

ライオンビールで乾杯した私たちは一気に打ち解け、お互いの共通点を見つけては盛り上がった。

話している中で、大森くんの先輩だというふたりの商社マンは現地駐在をしており、出張で来ているのは彼だけなのだと知る。

それを聞いて、私はつくづく運がいいと思った。普段は東京で生活しているなら、また近いうちに再会できるかもしれない。

しかも運命が味方をしたのは、それだけではなかった。

「大森くんは、どのあたりに住んでるの?」

夏美さんが気の利いた質問をしてくれて、その答えに私はふたたび歓喜したのだ。

「渋谷だよ。恵比寿方面の」

「え!?すごい偶然。私たちのオフィスもそのあたりなのよ。ね、彩花?」

そう、渋谷には、私たちが運営するWEBメディア“Girls Trip”のオフィスがある。オフィスと言っても、SOHO向けマンションの一室だけれど。

度重なる偶然にすっかり意気投合した私たちは躊躇なくLINEを交換し、先輩たちがしきりに羨む声を浴びながら、「次は東京で飲もうね」などと約束したのだった。


大森くんに惹かれる彩花。聞きたくなかった、彼の一言...


女の影


「スリランカのお土産で、女性が喜びそうなものってご存知ですか?」

そろそろ店を出ようと言うタイミングで、夏美さんが思い出したように尋ねた。“Girls Trip”では旅先でのお土産も紹介しており、やはりリアルな声はとても参考になる。

「何かなぁ」と皆が悩む中、真っ先に口を開いたのは大森くんだった。

「定番だけど、“スパ・セイロン”の石鹸かなぁ。香りがとてもいいみたいだよ」

-香りがとてもいいみたいだよ。

その言い回しに、私は心にざらり、とした違和感を覚えた。

誰も気に留めてはいなかったが、その一言の裏に潜む影に、私は敏感に気がついてしまったのだ。

「やっぱり人気なんだぁ。彩花、試しにいくつか買って帰ろう」

夏美さんの言葉に笑顔を返していると、彼らが「どうせ自分たちも買い物をするから」と、親切にもお店まで車で連れて行ってくれるという。

ありがたい提案ではあったが、しかしそのおかげで、私の嫌な予感は確信へと変わってしまうこととなる。




“スパ・セイロン”の店舗はコロンボの中心地にあり、ラグジュアリーな店内いっぱいにエキゾチックな香りが充満していた。

「実はここ、銀座にもお店があるんだけど」

店の入り口で、先輩駐在員のひとりが白状するように言う。その言葉に、夏美さんがしみじみと「どこに行っても、東京にないものを探す方が大変」と呟くのを、私は上の空で聞いた。

私の目は、ずっと大森くんを追っていた。

何度も来ているのだろう。慣れた様子で店内を歩き回ると、彼はまるで買うものリストがあるかのように迷いなく、石鹸をカゴに入れている。

私は夢遊病のように彼の後を追い、同じ石鹸を手にとった。

顔を近づけるまでもなく、フランキンセンスの香りが漂う。この香りを、彼に近しい「誰か」が好んでいるのだろうか。

「その石鹸、オススメだよ。泡立ちもいいんだ」

ぼんやりと佇む私を、気がついたら大森くんが笑って見つめていた。少し垂れ気味の瞳が、優しい。

しかし彼の穏やかな笑顔も、その優しさも、私より先に目ざとく見つけた誰かが独り占めしているのだ。

私は胸が苦しくなるのを抑え、できうる限りの軽い声色で彼に尋ねた。

「大森くんは…彼女へのお土産?」

しかしその言葉は想像よりはるかに粘着質に響いてしまって、私と彼の間に一瞬の空白が横切る。

「…違うよ。会社の女の人たち用」

そう言って去りゆく後ろ姿に、私は彼の…嘘を見た。

▶NEXT:11月13日 月曜更新予定
彩花の予感は、当たっている…?