「20世紀のアメリカ史上最大のミステリー」と言われるケネディ大統領暗殺事件。その全貌解明のカギを握る機密ファイルが今年10月26日に全文公開されるはずでしたが、CIAやFBIの要請を受けたトランプ大統領の判断により11月3日現在で一部のみの公開にとどまっています。メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』では、世界情勢に精通する著者の高城剛さんが、文書すべてを公開できなかった米国の「裏事情」について記しています。

「ケネディ文書」が全文公開されなかった理由

今週は、質問を多く頂戴しました米国ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺に関する機密ファイル公開につきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

1963年に世界に衝撃を与えたジョン・F・ケネディ大統領の暗殺に関する「機密ファイル」が、10月26日に一部公開となりました。長い調査が続いた挙句、1992年に内容の公表に関してCIAとFBIが「国の安全保障に関わる」として「JFKファイル公表特別法」が制定され、その25年後にファイルをすべて公開するとして封印しました。本年10月26日がその日です。

事件が起きたのは、1963年11月22日。遊説のためにダラスに訪れたケネディ大統領が、市内をオープンカーで走行中、突然発射された銃弾3発のうち2発が首と頭部に命中し死亡しました。近くの倉庫のビルの窓から狙撃したとしてリー・ハーヴェイ・オズワルドが逮捕されましたが、2日後、護送中のオズワルドを別の男が射殺。この「口封じ」により、事件は解明されることなく「20世紀のアメリカ史上最大のミステリー」となりました。

当初、ケネディ大統領の暗殺に関する「機密ファイル」を全文公開すると言っていたトランプ現米国大統領も、いまをもってもCIAとFBIが安全保障上の懸念を示していることから、情報の一部は依然として未公開になり(180日以内に再検討としています)、事件の詳細はまだまだ不明です。

今回、公開された膨大なファイル(3,000件弱)は、真偽が不確かなメモの類も相当多く、分析にも多くの時間を要すると言われています。なかには、「ヒトラーは生きていて、55年までコロンビアにいて、その後、アルゼンチンに渡った」とするメモもあり、いまだに非公開の「ミッシングパーツ」が多いことから、真犯人を含む全体像の解明にはほど遠い状況です。

しかし、暗殺当時70%を超える支持率があり、FBIやCIAの権力を制限し、マフィアの壊滅を目指すなど社会の大改革を推進し、いまだに街中に巨大な写真が掲げられるほど人気があるケネディ大統領暗殺事件の全貌を解明する声は、米国内に大きくあります。なにしろ、この事件がきっかけで米国民は政府を信用しなくなり、今日まで続く米国のターニングポイントとなった事件だからです。

当時は、冷戦が厳しさを増していて、キューバ危機など第三次世界大戦直前と言われていましたが、ケネディとフルシチョフ首相の話し合いにより、危うく危機は回避されたことから、軍産複合体にとって都合の悪い大統領だったと言われていました。

また、暗殺される前に、政府紙幣の発行を財務省に命じる大統領行政命令が発令されましたが、FRBを所有する国際銀行家にとって、通貨発行権を剥奪される可能性があるケネディは、好ましくない人物と思われていました。結局、暗殺後、一度印刷された政府紙幣が世に出回ることはありませんでした。

今回、全文を公開しなかった(できなかった)のは、米国内に深い闇がまだまだ存在することを示しています。そして、その闇は現在も続いており、当時もいまも実は大きく米国の体制が変わっていないことを教えています。

180日後にもし、本当に全文公開に踏み切ったのなら、米国は半世紀ぶりの大きなターニングポイントを迎えるでしょう。社会が大きく動く知らせです。

MAG2 NEWS