男子シングルス決勝、第2セットはソックが取り、決着はファイナルセットへ[ロレックス・パリ・マスターズ]

写真拡大

「ロレックス・パリ・マスターズ」(10月30日〜11月5日/フランス・パリ/室内ハードコート)の大会7日目、男子シングルスの決勝が行われている。

対戦しているのは、ジャック・ソック(アメリカ)とフィリップ・クライノビッチ(セルビア)。

第2セット、第1ゲームではクライノビッチはバックハンドでのミスが続き、ソックにブレークされる。第2ゲームはソックがキープすると、第3ゲームもクライノビッチにミスが出る。が、ここはなんとか盛り返し、キープ。ソックがリードした状態で第4ゲームを迎えた。

第4ゲームではクライノビッチに焦りが見え始める。サーブもなかなか決まらず、第5ゲームではソックに2度目のブレークを許してしまう。が、ここ一番で踏ん張りを見せるのがクライノビッチ。続く第6ゲームをブレークバックし、さらに第7ゲームもキープした。

第8ゲーム。これまでファーストサーブの成功率が低かったソックが目の覚めるようなエースを披露し、その後は互いにキープの展開が続く。

迎えた第10ゲームはソックの第2セットをかけたサーブから。ラブゲームでキープ。きわどいネットプレーを制したソックがラブゲームでキープ。6-4で第2セットを取り、勝負はファイナルセットへと持ち越された。

(テニスデイリー編集部)

※写真は第2セットを取り、望みを繋いだソック
(Photo by Aurelien Meunier/Getty Images)