男子シングルス決勝、第1セットはクライノビッチが先取[ロレックス・パリ・マスターズ]

写真拡大

「ロレックス・パリ・マスターズ」(10月30日〜11月5日/フランス・パリ/室内ハードコート)の大会7日目、男子シングルスの決勝が行われている。

対戦しているのは第16シードのジャック・ソック(アメリカ)と予選から勝ち上がりのフィリップ・クライノビッチ(セルビア)。両者は過去に1度対戦しており、そのときはソックが勝利している。

両者ともに初優勝をかけた戦いであるとともに、ソックにとっては「ATPファイナルズ」の出場権をかけた戦いでもある。

第1セットはクライノビッチのサーブから始まった。ソックがリターンによって30-0とリードするが、クライノビッチも少しずつ調子を出してきて30-30と追いつき、第1ゲームからデュースに。ここはクライノビッチが落ち着いてエースとドロップショットを決め、第1ゲームをキープする。

第2ゲームはソックが危なげなくラブゲームでキープする。続く第3ゲーム、クライノビッチは自身のミスもあり、またしてもデュースに持ち込まれる。が、ここも落ち着いてクライノビッチがキープする。

第4ゲームはまたしてもソックがラブゲームでキープ。クライノビッチは第5ゲームでラブゲームとはいかないまでも安定してキープをすると、第6ゲームでついにソックのラブゲームにストップをかけ、逆にデュースへと追い込む。ソックはプレッシャーからかミスが目立ち、最後はダブルフォルトでクライノビッチが先にブレークする。

第7ゲームでは、逆にクライノビッチが2度のダブルフォルトなどのミスが目立ち、ソックがブレークバックする。ここで試合はいったん振り出しに。

その後、第8ゲームからはお互いにキープし、迎えた第12ゲーム。ソックのミスと、要所要所で上手く攻め込んだクライノビッチがブレークし、第1セットを7-5で先取した。

ソックはこれまでストレートで勝利しており、決勝で初めてセットを落としたことになる。


(テニスデイリー編集部)

※写真は第1セットを先取したクライノビッチ

(Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)