外回りの足取りを快適にしてくれるビジネスシューズ10選

写真拡大 (全21枚)

スーツで仕事をするビジネスマンにとって毎日履くビジネスシューズ。シューズに求めるのはやはり上品な佇まいと快適性ではないでしょうか。特に外回りの営業などで活躍するビジネスマンにとっては、デザインはもちろん、機能にも注目したいところ。

今回は日々変化するスタイルに合わせて、4タイプの注目モデルを合計10足紹介。雨の日に対応する「防水タイプ」、歩行がラクになる「軽量タイプ」、蒸れを軽減する「高通気タイプ」、オールラウンド&走れる「耐衝撃タイプ」から、ビジネススタイルに合わせて選びたいですね。

■防水タイプ

雨の日も気にせず履ける防水タイプ。足先から水が染み込む心配がなく、水たまりを避けて歩く必要もないので、悪天候の外回りも軽快かつ集中して挑めます。しかも今回紹介するモデルは、防水なのに本革製のため、上品な佇まいも兼ね備えているのが魅力です。

▼徹底した水への対策で雨の日の外回りも快適!「texcy luxe TU-7787」


「texcy luxe(テクシーリュクス) TU-7787」は、はっ水加工を施したレザーアッパーを防水糸で袋縫いし、縫製のつなぎ目には防水テープを貼るなど、浸水への対策を施した一足です。グリップ性が高くて軽いEVAソールを採用しており、スニーカーのような履き心地も抜群です。価格は1万1880円です。

▲抗菌メッシュ素材のライニング、消臭繊維“モフ”をつま先に使用した中敷きなど、靴内部のニオイに配慮した作りも見逃せない

>> アシックス商事「texcy luxe(テクシーリュクス)」

 

▼防水透湿素材により水の侵入を防ぎながら靴内の湿気を放出「ギャビー G9800」


「ギャビー G9800」は本革アッパーに強力なはっ水加工を施し、さらにアッパーとライニングの間に “アウトドライ”という防水透湿メンブレンを採用したシューズ。2重の防水対策で、水の浸入をしっかりとシャットアウトします。また、インソールに吸湿速乾素材 “キャンブレル” を用いるなど、蒸れ対策も抜かりありません。蒸れにくく、1年を通して履けるビジネスシューズです。価格は2万4840円。

▲防水透湿メンブレン"アウトドライ" により、水の侵入を防ぐとともに靴内の湿気を放出

>> 銀座ワシントン「ギャビー G9800」

 

■軽量タイプ

シューズは軽いに越したことはないですよね。軽ければ軽いほど足への負担が減り、通勤も外回りも快適になります。しかしビジネスでは身なりも大事。ただ軽いだけでなく、品格のあるデザインを備えた革靴を選ぶことが重要です。

▼ドレスシューズのような上品なデザインなのに軽い!「トータルモーション クラシック ドレス」


片足約310gという軽さを実現し、ドレスシューズのような見た目からは想像できないほど歩きやすいというのが特徴の「トータルモーション クラシック ドレス」。シープスキンを敷いたフットベッド、透湿性に優れたライニングを採用するなど、履き心地を追求したディテールにも注目です。価格は2万5920円です。

▲アウトソールには軽量かつクッション性に優れたEVAアウトソールを採用。さらに独自のTPUプレ ートを搭載しており、歩行安定性をしっかりサポートしてくれる

>> ロックポートジャパン「トータルモーション クラシック ドレス」

 

▼柔らかな表情の革が足にフィットし驚くほど歩きやすい「クラークス 25013」

「クラークス 25013」のアッパーには、柔らかな表情で品のあるソフトレザーを採用。片足約330g(GoodsPress編集部調べ)と軽いが、足に吸い付くようにフィットするため、それ以上に軽い履き心地が味わえます。アッパー(甲革)、インソール、アウトソールを一度に縫い付けるイタリアの伝統製法 “マッケイ製法”で作られており、履くほどに足に馴染んでいくのも特徴です。価格は2万8080円です。

▲裏を見れば、アッパーとソールをしっかり縫い合わせていることがわかる

>> クラークスジャパン

 

■高通気タイプ

通気性の高いシューズは靴内部に熱がこもりにくく、涼しく快適なことから、夏靴のイメージが強いかもしれません。しかし蒸れにくいという機能は、季節を問わず活躍するもの。夏でも冬でも革靴は蒸れやすいので、高通気タイプはニオイ対策としても有効です。

▼通気性だけでなくクッション性にも優れている「エア ローテーション システム」

独自開発のシステム により、優れた通気性を実現したリーガルの「エア ローテーション システム」。革靴の通気性とゴム底の実用性を兼ね備えた新開発のソールは、クッション性も高くて歩行も快適です! 価格は3万240円。

▲ポンプのようなシステムがかかと部分についており、歩行から生まれるエネルギーで空気を靴内に送り込み、循環させる仕組みになっている

>> リーガルコーポレーション「エアー ローテーション システム」

 

▼歩くたびに靴内の空気を循環して蒸れを軽減「エアーモーションシューズ」


P.S.FAの「エアーモーションシューズ」は汎用性の高いキャップトゥのレザーシューズ。靴底の前方とかかとの2カ所に通気孔を搭載しており、歩くたびに靴内の空気の循環を促し、ニオイの原因となる“蒸れ”を軽減してくれます。おかげで快適な履き心地を長時間キープ。また本革製にも関わらず、まるでスニーカーのように軽くて歩きやすく、1年を通して快適に履けるビジネスシューズです。価格は1万4040円。

靴底の通気孔からは水が浸入しないように作られています。アッパーははっ水仕様と、雨対策もばっちり

>> P.S.FA「エアーモーションシューズ」

 

■耐衝撃タイプ

クッション性・軽量性・屈曲性に優れたソールを搭載し、まるでスニーカーのように “走れる” 革靴をピックアップ。スーツに似合う上品なデザインなので、毎日の通勤や外回りの営業に大活躍。常に時間と戦うビジネスマンの強い味方となること間違いありません!

▼スポーティーなソール!「ECCO JEREMY」


洗練されたレザーアッパーに、スポーティなアウトソールを合わせた「ECCO JEREMY」。取り外し可能なオリジナルインソールは、歩くたびにポンプのように靴内の空気循環を促し、蒸れを軽減。一日中履いていても快適です! 価格は2万9160円です。

▲クッション性が高いポリウレタン製のアウトソールには溝が入っているため、足の動きに合わせて屈曲してくれる

>> エコー・ジャパン「ECCO JEREMY」

 

▼ドレッシーな見た目なのに “走れる”クッション性「堅二」


ドレスシューズのように上品な外観と、スニーカーのような履き心地を併せ持つ三陽山長の“ドレススニーカー”「堅二」。内羽根式ストレートチップはビジネスシーン、フォーマルシーンどちらでも対応できます。低反発のアーチサポート付きインソールが足を優しく包み込むなど、履き心地は抜群。日本製ならではの細やかな作りにより、シャープな見た目と快適性を両立しています。価格は3万7800円です。

▲アウトソールにはオリジナルのラバーソールを採用しており、薄くて軽いがクッション性も高く、走れるほど高性能。グリップ力にも優れている

>> 三陽山長「堅二」

本記事の内容はGoodsPress11月号32-33ページに掲載されています

(取材・文/津田昌宏  写真/野町修平)