北朝鮮の朝鮮人権研究協会のスポークスマンは4日、米国が「反共和国『人権』謀略騒動にさらに血眼になって狂奔している」と糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、米国務省が「北人権侵害と検閲に関する報告書」を議会に提出し、米財務省も「北人権制裁措置」を発表したと指摘した。

つづけて、「米議会は下院外交委員会の公聴会に醜悪な人間のくずを招き入れてわれわれの『人権侵害状況』に対する『証言』劇まで演じて反共和国茶番劇を演出した」と述べた。

また、「米国が朝米核対決での相次ぐ惨敗を挽回し、自分らの反共和国策動を合理化するための手段に使っているのがまさに、極めて卑劣な反共和国『人権』謀略騒動である」と非難した。

さらに、「米国は、ふさわしくなく『人権裁判官』のように振る舞いながら誰それに訓示する前に、自国内の腐り切った人権実態に神経を使う方がよかろう」と述べた。

その上で、「闇はいくら真っ暗のようでも、光に勝つことはできない。われわれには、米国が青筋を立てて吐く『北人権』のほらがただ月夜に吠える犬の声としか聞こえない」と強調した。