浦和の今季J1リーグ「5位以下」が確定 来季ACL出場権獲得の可能性が消滅

写真拡大

今季ACL決勝に進出も、鹿島に敗れてリーグ戦4位にも到達できないことが決まる

 今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で決勝に進出したJ1浦和レッズだが、来季のACL出場権を獲得できる可能性があるリーグ4位にも到達できないことが決まった。

 浦和は5日に第32節の試合を先行して行い、敵地での鹿島アントラーズ戦に0-1で敗れた。残り2試合で勝ち点49、最大で55まで伸ばす可能性があるが、現在4位の柏レイソル(勝ち点55)と、6位ジュビロ磐田(勝ち点54)が直接対決を残している。そのため、結果にかかわらず、いずれかのチームが勝ち点56以上になることになり、浦和の5位以下が確定した。

 ACL出場権はリーグ3位以内と天皇杯の優勝チームに与えられるが、その二つの条件を満たしたチームが出た場合は4位チームに権利が回る。天皇杯で敗退していた浦和は、最低でも4位以内を確保する必要があったが、その可能性は潰えた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images