世の中には平穏で幸せな生活を送っている夫婦は沢山います。でも、いつまでもこの幸せが続くとは限りません。ある日突然、ほんの些細なことで夫婦生活が悪化し破局を迎えることがある……。今回はそんな急転直下で破綻してしまった夫婦のケースを、本人の体験を交えてご紹介しましょう!

文・塚田牧夫

生前贈与をめぐるトラブル

「ある日突然、私の祖父母から『いいものあげるから取りにおいで』と呼び出されました。最初は妻と『旅行のお土産かな』と話していましたが、受け取ってビックリ。紙袋のなかには、なんと現金数千万円が入っていました。

帰宅してこのお金の管理方法について妻と大きく意見が分かれ、険悪なムードに。最終的に妻の名義で銀行口座を開設し入金しましたが、私は一切手を付けることができません。

にも関わらず、生前贈与税について調べたり、手続きしたり等はすべて私に丸投げ。初めて妻に対して不満が生まれました。

更に祖父母と仲が悪い私の母親からは妬みの対象になってしまい、妻と母親の嫁姑関係が悪化。それも私のフォローが足りないせいだと当たられる始末です。

現在は夫婦の会話はなくなり、目も合わせてもらえません。このような生活に耐えられず、離婚の二文字が頭をよぎります」カツヤ(仮名)/35歳

マッサージサロンの開業失敗

「夫はマッサージサロンで働いていました。腕が良くお客さんから指名を受け、リピーターがつくほどの人気だったんです。

夫の夢は、独立して自分のマッサージサロンを持つことでした。その夢の実現のために夫婦二人三脚でコツコツ資金を貯め、去年の暮れに念願のサロンを開業しました。

ところがです! ある女性のお客さんが、『胸を触られた』と文句を言ってきました。施術中にたまたま触れてしまっただけで、結局は誤解だということになったんですけどね。

そんなクレーマーのせいで悪い評判が立ってしまい、客足が遠のいてしまいました。

私はなんとかお客さんを呼び込もうと、ホームページを工夫したり新しいサービスを提案したりするのですが、夫は『腕がいいんだから、そのうちお客さんも増えるだろう』と危機感がありません。

今では、ほぼ毎日家で寝て過ごしていて、夢に燃えていた起業前の夫の姿は見る影もない……。

サロンの家賃も払えないほどになり、生活費はほとんど私のパートの収入で賄っています。この状況が続くようであれば、離婚するしかないです」タカコ(仮名)/36歳

円満夫婦が急転直下で破綻したケースをご紹介しました。

このようなことが起きないようにするには、日々のコミュニケーションが非常に大切なのではないでしょうか。どんなトラブルも乗り越えられるような、確固たる信頼関係を築いていきたいですね。

(C) nongamt / Shutterstock(C) Albina Glisic / Shutterstock(C) wk1003mike / Shutterstock