韓国紙がルヴァン杯制覇のユン・ジョンファン監督を直撃 「心を一つに優勝でき、とても感激」

写真拡大

C大阪を悲願の初タイトルに導いた指揮官を称賛 「J1で旋風を巻き起こした」

 セレッソ大阪が4日のルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレを破り、悲願のクラブ初タイトルを獲得した。

 「ここまでセレッソが激しく戦える集団になったのは、ユンさんのおかげ」とMF清武弘嗣が称えるほど、今季から指揮官に就任したユン・ジョンファン監督の手腕が高く評価されている。

 そして母国の韓国メディアも、ユン・ジョンファン監督が現役時代にプレーしたC大阪を率いて、指導者として初のタイトルを獲得したことを大きく報じている。

 スポーツ総合サイトの「スポータルコリア」は、「ユン監督は組織力と力強いサッカーを通して、J1で旋風を巻き起こした。シーズン途中はリーグ首位にもなった。その勢いはカップ戦にもつながり、頂点に立つに至った」と紹介。さらにスポーツ紙「スポーツソウル」は、ルヴァンカップ終了後に単独インタビューを敢行。そこでユン・ジョンファン監督は、優勝できた要因について独自の見解を述べている。

 まずはルヴァンカップの戦いをどのように捉えていたのかについては、「カップ戦はクラブユース所属の選手たちをプレーさせられるように、若い選手を育成する大会と位置づけた。それを選手たちが理解してくれた。決勝ではリーグ戦のように(主力メンバーがプレーしたが)、チーム内競争を選手たちが受け入れて、心を一つにして優勝することに成功した。チームが結束していることを見せられることができ、とても感激している」と語った。

選手は「魅力を感じながらプレーしている」

 このコメントを受けて同紙は、「(J2からの昇格組である)セレッソは今季J1残留が当初の目標だった。しかし、ユン監督はリーグ戦に出場するレギュラー組に加え、クラブの未来を担うユース選手をカップ戦に積極的に起用し、成果を残した」と伝えている。

 さらにユン・ジョンファン監督は、同紙の取材に対して選手たちへの感謝の言葉も述べていた。

「私のサッカー哲学は韓国でも日本でも同じだ。選手一人が飛び抜けた力でプレーするよりも、協調性を重要視して勝つ試合をすることが大事。セレッソの選手たちは、その魅力を感じながらプレーしていると思う」

 最後にユン・ジョンファン監督は、「セレッソ大阪を高いビジョンのあるチームに成長させることが、指導者として最優先の仕事だと思う。これで満足せず、より良い結果を残したい」と語り、これからC大阪を強豪クラブへと導いていく決意に満ち溢れていた。

【了】

金 明碰●文 text by Myung-wook Kim

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images