人魚風水着をハンドメイド! がんばったのに公衆プールで禁止される ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

写真拡大

 人魚のような姿で泳ごうと人魚風水着を手作りした18歳の女性が、公衆プールでその水着の着用を拒否された。着用拒否は「衛生上及び安全上の理由」によるもの。一方、150ポンド(約2万2700円)の費用をかけて作った手作り水着には4000ポンド(約60万6000円)の値が付けられ、周囲からは高い評価を得ているようだ。

【関連】目指してないのに超“リアル・バービー”なロシア人女性<フォトギャラリー>

 人魚風水着を作ったのはレイア・トリガー。ユーチューブ動画からインスパイアされ、「神話的で、美しく優雅な生き物」の姿になろう思いたった。しかし、イギリスの都市ブロムスグローブの公衆プールで、着用しての利用をあえなく断られてしまった。

 トリガーによると、「主に衛生上及び安全上の理由です。足が一つになっているので、水中で面倒を起こしたり人にぶつかったりするのではないかと懸念したようです」。

 一方で水着に対する周りからの評判は良いとのこと。トリガーは「今は大きな障害に阻まれています」と話し、着用を許可してくれるプールがあることを願っている。