4日、環球時報(電子版)は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復措置について、「中国市場で打撃を受けた韓国が、両国関係の改善により、『失地回復』への準備を進めている」と伝えた。写真は今年6月の北京国際旅行博覧会。

写真拡大

2017年11月4日、環球時報(電子版)は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復措置について、「中国市場で打撃を受けた韓国が、両国関係の改善により、『失地回復』への準備を進めている」と伝えた。

韓国京畿道の旅行発展局は3日、今月17日に中国雲南省昆明市で開かれる国際旅行交易会に参加すると発表した。韓国・亜洲経済は「中国の報復措置が始まって以来、韓国企業が中国の旅行イベントに参加する初のケースだ」と報道。中韓関係の改善を受け、韓国企業が中国企業への回帰を目指して準備を始めたと伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は3日、観光振興策を発表。今年年末に終了する中国人ツアーに対する電子ビザ発行費用の減免措置を、来年末まで延長すると発表した。韓国のキム・ドンヨン副首相兼企画財政相は「今年春以来、さまざまな要因により、韓国の旅行業界は少なからぬ困難に直面してきた。中韓関係の改善は重要な転機になる」と述べた。(翻訳・編集/大宮)