元女子日本代表の大山加奈さん【写真:編集部】

写真拡大

中田ジャパンはグラチャン5位…「パワフル・カナ」が見る、世界との距離とは

 中田久美監督の下、東京五輪を目指す女子バレー日本代表。9月に行われたグラチャンバレーでは2勝3敗で5位となり、2大会連続のメダル獲得を逃した。自国で開催される大舞台まであと3年。新生「火の鳥NIPPON」の現在地は、どこにあるのか。世界との距離は――。

「グラチャンを振り返ると、けが人がいる中で、現在のベストメンバーで挑んで、ディグ、レセプションの守りのところが凄く安定していました。大崩れもしなかったし、よく拾っていた。これは素晴らしかったと思います」

 こう話したのは、元女子日本代表・大山加奈さん。「パワフル・カナ」と呼ばれて10代から活躍し、その異名の通り、日本人離れした迫力あるスパイクを武器にアテネ五輪に出場した名アタッカーだ。サーブ、アタックのレシーブなどディフェンス面に収穫を感じた一方で「表裏一体」の課題も目についたという。

「守りの犠牲になってしまったのが攻撃。枚数の少なさが気になりました。今の世界上位との差は最後の勝負所で決め切る部分。今回は故障の長岡望悠選手、古賀紗理那選手も不在で、守りのスペシャリストが入っていた。究極に拾い続ければ負けないけど、どの国も大型化、男子バレー化している現状。拾って拾ってだけでは厳しい部分もあるのかなと感じます」

 世界との壁を越えるため、期待されるのは、あの19歳のニューヒロイン。黒後愛だ。

「高校の後輩ですが、守りもできるし、打ち切る力も持っている。ハイセットも含め、細かいつなぎもできる。高校から鍛えてきたフィジカルに強さはあるけど、引き続き強化してほしい。身長も大きい方じゃないので、フルセットでもしっかり飛んで戦い切る体力をつけ、成長してくれたら日本にとっても大きいと思います」

 今大会は故障でメンバー漏れ。故障も含め、肉体面を強化することが日本の進化にもつながっていく。そして、伸びしろを残したチームを率いるのが、中田監督。昨年就任し、日本代表では2人目の女子監督となった。

「とにかく選手思い」…大山さんが感じたレジェンド中田監督の“無言の親心”

「実績はもちろん、日本バレー界のレジェンド。誰もが知っている存在だけど、今回、監督として素晴らしいと思ったことが、故障している黒後選手、古賀選手に無理をさせずに外したこと。選手の将来を考えている。とにかく選手思いであると感じます」

 試合中は厳しい表情で口数が少なく、じっと見守っている。しかし、次代のスター候補で周囲の期待の多かった黒後を外す決断は、“無言の親心”でもあった。

「選手と距離の取り方が凄く上手いなと感じます。練習中もじーっと見て、何かあればそっと寄って声をかける。荒木絵里香選手も言っていたけど、『言葉数が多くない分、発した言葉がすっと入って来る』。あまり言葉が多すぎても選手は流してしまいがち。その分、中田監督の言葉は残ると思います」

 女子選手を女性監督が指導する。難しさもあるだろうが、そもそもバレーボールにおいて理想的な選手と監督の距離感とはどんなものだろうか。

「『この監督を勝たせたい』という思いで固まること。私が東レで連覇した時も、下北沢成徳で日本一になった時もそう。それが、理想なんじゃないかと思います」

 練習はハードな練習で追い込み、試合は頻繁に選手交代を行う。強豪であればこそ厳しい指導者のイメージが付きまとう。それでも「この監督を勝たせたい」とは、どんな指導者に生まれるのか。

「私たちを100%信頼していると実感できること。例えば、高校は監督が上で、選手が下になりがち。でも、私の高校時代は小川良樹監督が大人扱いというか、対等に見てくれていました。東レの菅野幸一郎監督もそう。だからこそ、選手たちも一人ひとり責任をもってプレーできていた。それが、チームとしての強さにつながったと思います」

大山さんがバレー界に抱き続ける思い、経験を伝えた“金の卵”への熱血指導

 日本代表を含め、バレー界の第一線を走ってきたからこそのバレー界に対する思いを語った大山さん。今はそんな経験を伝えることも使命だと感じ、行動に移していることがあるという。

 9月21日に神奈川・横浜隼人高を訪問。大塚製薬が企画し、バレーボール、サッカー、バスケットボール、柔道、テニス、バドミントンを通じて、全国170校の部活生を応援する「ポカリスエット エールキャラバン」の一環として約400人の生徒を相手に講演を行ったのだ。

「実は私、すごく病弱で、運動が嫌いで苦手な子供でした」。冒頭から意外な秘話を明かし、喘息を持ちながらバレーの楽しさにのめり込み、成長していくまでの道のりを披露。名門・下北沢成徳で主将を務めた3年生では、春高バレーの東京都予選で負けを経験し、あまりにショックで翌日まで引きずり、学校でも泣いていたという。

 そんな時にケロッと振る舞っていた、後の日本代表・荒木と「悔しくないのか」と大喧嘩に。186センチと187センチのバトルは大迫力だったというが、「いつまで泣いてるんだよ。キャプテンなんだからしっかりしろ」と叱責され、逆に目が覚めたという。誰より荒木自身が日本一に真剣な思いを感じて奮い立ち、一致団結。見事に目標の3冠を達成した。

「彼女も言いたくなかったけど、怒ってくれたことが私にとってありがたかった」と振り返り、その後に日本代表を経て、腰痛とも戦いながら全うした競技人生を回想。「私がバレーをやってきて一番の宝物は、仲間ができたことです」と語りかけた。最後はバレー部に対して実際に指導も実施。未来の“金の卵”に熱血指導していた。

 かつて自分が日の丸を背負った日本代表のため、そして、未来の日本を背負う高校生のため、考えを明かしていた大山さん。希代の名アタッカーとして培ってきた経験は唯一無二であり、バレー界の財産でもある。